NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ うちは一族・写輪眼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全てを焼き尽くすまで消えないはずの天照の黒炎を何故、消せるのかをふりやまない雨的解釈で

前に八尺瓊勾玉の記事を書きましたが、その時に書いてない話、サスケの万華鏡に表れる六芒星紋と、全てを焼き尽くすまで消えないはずの天照の黒炎を何故、消せるのか‥をふりやまない雨的解釈で




勾玉の両面に誂えてある模様は天照大神の神紋と言われており八光紋(勾玉の穴の空いているまわりに欝すらと見える紋様)といいます。その模様は日輪(太陽)の輝きが八方に光を放つ様子を表していると言われています。




その、八光紋より輝きの光を二つ減らした紋が六芒星紋になります。サスケの万華鏡写輪眼にあしらわれているのも六芒星です。






六芒星(ヘキサグラム)といえば、主に守護を意味する紋様として知られていますが、陰陽の相互作用(相生相剋)を意味する紋様でもあります。

重なり合う△▽(重ねると六芒星になります)が五行(ナルトでは火>風>雷>土>水>火)のを表しています。






全てを焼き尽くすまで消えないはずの天照の黒炎をサスケが消す事ができるのは、この相生相剋の“相剋”の力を使っている事が考えられます。


また、雷影との戦いでみせた黒炎の形状を自在に変化させる炎遁・加具土命

相生相剋の“相生”の力であります



優劣関係【火>風>雷>土>水>火】


ナルトにヤマトは風は確かに火には弱いが雷には強い(相剋)
(NARUTO 巻ノ37 75頁)

火を助けてさらに大きな力に出来るのは風の力‥(相生)
(NARUTO 巻ノ37 76頁)


左眼()で天照を放ち、右眼()を見開き天照を消しこむ(相剋)
左眼()で天照を放ち、右眼(雷?)、もしくは雷遁で形態変化を加える(相生)




この事から、サスケの眼は陰陽の相生相剋の力を持っているという事がわかります。サスケの眼に備わる本当の力は月読でも、天照でも、須佐能乎でもなく五遁を自在に操る事のできる陰陽遁を扱う六道の力、資質を持ち合わせていると考える事もできます。
今は進化の途中なのかもしれません。

因みに、イタチが本気なら確実に殺されていただろう…とマダラがサスケに話す場面がありましたが(NARUTO 巻ノ43 207頁)、殺さないように天照の強さを加減、調節していたのではなく、黒炎が着火したと同時に天照の火を放つ側の万華鏡写輪眼を閉じて最小限の着火で済ませていたからで相生相剋の力は確認できません。

が、天照を放った側の眼ではない左眼“相剋”天照の炎を消す事のできる力を持つであろう片方の万華鏡写輪眼を残している事は気になります。
サスケが天照の炎から逃れる事ができなかった時の為の保険かもしれません。
また、左右に固定の役割は分担されてはいないようです。



【オ・マ・ケ】

六芒星紋から八光紋への進化‥‥サスケの眼は輪廻眼へ変わるかもしれません。
貸した、とか与えられた‥‥の類いではなく真、輪廻眼へ。


勿論、取っ掛かりを与えたのは兄であり、大蛇丸が育て、トビ(マダラ)が仕上げる。
《もしかしたら‥ですが》失明さえも必要不可欠な過程なのかもしれません。風邪が治り、ウイルスを克服した体は強くなります。人間って便利なんですよ。




では、こんなところで(。・_・。`)ノ
ありがとうございました~
スポンサーサイト

序・破・急 ~月と太陽、見えない夜と消えない夜


うちは虐殺の夜は満月でした...
(NARUTO 巻ノ十七 17頁、巻ノ二十五 137頁、巻ノ四十四 16頁)




[光に照らされる月と闇に沈む太陽]

現在使われている太陽暦(新暦)は明治六年に誕生し使われるようになりましたが、それまでの日本では月の満ち欠けにより、月と日付を決定する太陰暦(旧暦)が使われていました。
旧暦では新月から次の新月までを一ヶ月とし、毎月一日を新月、新月から数えて十五日目、太陽と月が地球を挟んで一直線上に並ぶ夜を満月と定めていました。

ご存知のとおり、月は恒星ではないので自ら光を発することはありません。
私達の眼に映るあの美しい月の光は、月の表面に反射した沈んだ太陽の光なのです。


[見えない夜]


新月とは月が地球と太陽に挟まれる周期、地球から見て月の裏側が太陽の光に照らされるために、(月面の反射の向きは太陽側の為)地球から月が見えなくなる現象をいいます。
雲一つ無いのに月の見えない夜=暗闇を選んで暗殺が決行されたりもしました。昔は照明や街灯も普及/発達していなくて、夜が今のように明るくは有りませんから、月の見えない夜は闇に乗じて....ではありませんが、月末月初は暗殺ラッシュだったのです。
日本の内外を問わず暗殺の被害者は様々ですが、、、二・二六事件なんか習いましたよね?覚えてますか?



[消えない夜]


それとは逆に満月の夜は地球が月と太陽に挟まれる周期、地球から見て月の表面が沈んだ太陽の光に照らされるために、(月面の反射の向きは地球側の為)月のひかりは満ち溢れ、瞬いばかりの美しい光を放ちます。


即ち、暗殺には最も不向きな状況であるのです。最も効率良く、一人も逃さずに事をやり遂げたいのなら尚更です。
明るくってもできない事はありませんが、わざわざ、眼の利く消えない(明るい)夜では暗殺も何もあったものではありません。
だいたいスマートではない。
余程恨みの度合いが強くて、殺すにしても相手の脳裏に自分の姿を、恐怖を、刻み付けたかったのか...

もしもイタチなら消えない夜ではなく、見えない夜にやるんだろうな。。。ま、やってないけどね!




不向きに思えるこの状況、移ろいゆく自然のその瞬間を捉えて暗躍する規格外がこの作品には存在しています....


任意のタイミングで身体を透過させて攻撃のダメージを一切受けない...仮面の忍、うちはマダラの事です。


摩利支天の発動に必要だとしている太陽光線(紫外線)なんですが、前述しましたとおりに、月の光は太陽光線の反射光という事になりますので、月は間接的に紫外線を含む光を発している事になります...と言っても、昼間の紫外線量と比べると夜間は相当少ない為、やはり摩利支天を発動するには不向きであると考えられます。
ですが、満月の夜ともなると事情は変わってくるのです。

光が地上に届かない見えない夜、新月とは状況が全く異なる太陽と地球と月が一直線上に並び地球を煌々と照らす消えない夜、満月の夜は月の一直線上に太陽がでており、太陽から紫外線を受ける月面の総面積が通常とは全く違う。即ち、地球に照射される紫外線量は別物だといえます。

満月と太陽に由来する摩利支天、月に封印されたと伝えられる十尾の身体、この組み合わせが彼の写輪眼に大きく特別な影響を及ぼすのではないか?

消えない夜に暗躍したのはうちはマダラであって、断じてうちはイタチではない。そう信じています。


うちは虐殺の夜は満月でした...






□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様



※バナーをクリックすると 各ページへとべます。

主腐と生活のバナーですが、私の知識不足でうまく表示設定できません。(詳しい方、教えてください...ペコリ!)PCですと表示されたり、しなかったり‥

でも!×表示されているバナーの位置をクリックすると主腐と生活迄とべますので、、、素敵なブログです!!
是非ともご覧いただければ!と思います。


どれもこれも凄いです。ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~


※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!



本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。

写輪眼 -急-



月と太陽、影と光、裏と表、悪と善、憎と愛‥‥終わりと始まり、あげればキリのない、これらの二つの‥一見、それぞれ別々のものは、実は輪のように繋がり、留まることなく延々とループし続けている‥けして別々ではない一つのもの‥‥イタチは正しい…マダラは間違い……柱間は正しい………マダラは間違い…千手は正しい……うちはは間違い?
ミナトやクシナの壮絶な死に様と家族愛を目の当たりにして、マダラを一方的に悪だと思い込むのは、不確定で曖昧、不当な認識なのではないか?壁一面の写輪眼は彼奪ったモノなのだろうか?

何か、大事なことを見逃してはいないだろうか?

うちは一族が滅亡への一途を辿る史実には疑念の余地はない。


マダラの所有していた写輪眼、ダンゾウの腕に埋め込まれた写輪眼はうちは一族を殺して奪った眼なのか?

細胞培養はされなかったのか?
千手柱間という特殊な能力(血継限界)を持つ複雑な人体を再現するだけの技術があるのに、うちは事件は何故起きてしまったのか。

何か葬り去られた事実はなかったのか?



●イタチとマダラの違いは!?

サスケに憎しみを求める様に導いたイタチの意図は、、、マダラと何が違うのか?



サスケねェ… いいだろう なら話してやる……忍世界の憎しみ・恨みに骨の髄まで侵された男 うちはサスケの話を!
(NARUTO 巻ノ49 125頁 マダラ)



フッ……サスケの師として友として お前らはサスケの本心を分かっているつもりでいたんだろうが… とんだお門違いだ

本物だ…本物の復讐者だよ 彼は!
(NARUTO 巻ノ49 161頁 マダラ)



うちはは復讐を運命づけられた一族

サスケはうちはの憎しみを全て背負い…その憎しみの呪いを世界へぶつけるつもりだ
最も強い武器であり…友であり…力である 憎しみ
それがサスケの忍道だ!!
(NARUTO 巻ノ49 168~169頁 マダラ)





貴様など…殺す価値も無い…愚かなる弟よ……
このオレを殺したくば 恨め!憎め! そしてみにくく生きのびるがいい…………逃げて逃げて…生にしがみつくがいい
(NARUTO 巻ノ17 36~37頁 イタチ)
(NARUTO 巻ノ25 151頁 イタチ)



何故弱いか… 足りないからだ……憎しみが……
(NARUTO 巻ノ17 67頁 イタチ)




まるで、うちはマダラの求める復讐鬼をイタチが育て差し出した印象をうけてしまう。見て見ぬふりのできない事実である。イタチが復讐にとりつかれていたとは思いたくはないが、どんなに素敵でも人は人。私は思い込みの中で利己的に判断しているだけの人なのかもしれない。





二人目、三人目の六道とは?
六道、輪廻眼の歴史は長すぎる。二人目のうちはマダラでさえ、せいぜい百年‥妙木山のフカサク様は八百歳を超えるというのに輪廻眼を伝説でしか知らない‥?
数千年生きている大蝦蟇仙人は何も知らないのか?

兄と弟、二つに分けた力を一つにして六道の力を手に入れたという説明はわかった。しかし、うちはでもなければ、千手でもない長門にはその理屈が当て嵌まらないではないか、、、




うちはマダラが手段を選ぶ事なく凶行に手を染めるきっかけとなった事件は?ダンゾウが、木ノ葉の上層部がひた隠しに隠しつづけていたものは?
うちはマダラは世間で千手柱間に負けたとされている……しかして真実はどうなのか?
勝者とは先を見据えた者…本当の勝負はこれから……
かつての戦いは奴の力を手にいれるためのもの
オレは千手柱間の力を手に入れたうちはマダラ!

‥‥という話しからヒントを感じはしなかったか?


女子供容赦しない、うちはマダラのやり方を肯定的に、捉えたり解釈したりしたいとは思わないが、頭のどこかで彼なりの正義とは一体、どの様なものなのか気になっている。



暁を弥彦に立ち上げるように仕向けたのはオレだ
そして…輪廻眼を長門に与えたのもオレだ
だから返してもらうと言った方が正しいか…







弟の眼は新しい宿主を得ることで永遠の光を手に入れたという…
そして そればかりか 変化を起こした

特有の新しい瞳術がその眼に生まれたのだ
それがこの眼のもう一つの秘密だ(NARUTO 巻ノ四十二 125頁)


イタチがサスケに話した、永遠に光りを失う事のない永遠の万華鏡写輪眼に生まれた新しい瞳術とは輪廻眼の事ではないのか?



うちはには代々伝わる 古の石碑がある 今も木ノ葉の地下にある

そこにはかつての六道仙人が書きつけた秘密が記してある


瞳力がなければ読むことができず 写輪眼・万華鏡写輪眼・輪廻眼の順に解読できる内容が増える
(NARUTO 巻ノ50 73頁)



六道仙人の存命時に、うちはが!写輪眼が!存在したということか?
この文章を読む限り、六道仙人が写輪眼・万華鏡写輪眼・輪廻眼の順に石碑に書いてある文章を読める様に手を加えている旨がかかれている。


と、いうことは即ち!六道仙人が生きていた、その時に写輪眼が存在していたという事になります。

いや、

六道仙人の眼が元々、輪廻眼であったというよりは、写輪眼を持つ一人の忍の眼が写輪眼→万華鏡写輪眼→永遠万華鏡写輪眼→輪廻眼という変節、進化の過程を辿り六道仙人と呼ばれる様になった...と考えるほうが自然かな?



だってさ、意図的に眼の状態を切り替えられなければ石碑に記す文章に差別化を施せはしないでしょう。。。ねぇ、そう思いません...?

永遠の光を得た万華鏡写輪眼の次の変化が輪廻眼になるのではないだろうか







長門を時空間へ飛ばす際にみせたマダラの行動には違和感があった。渦巻き一族の末裔である長門の死を悼むように言葉をかけ、死者に対する敬意の現れともとれる一面をみせた。









まるで‥子に接する、父親のような‥‥‥






輪になって動いている

煌めく鋭い刃の上でずっとバランスを保っている

完璧な球体が運命と衝突している

この物語は振り出しに戻ったところで終わる





□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様



※バナーをクリックすると 各ページへとべます。

主腐と生活のバナーですが、私の知識不足でうまく表示設定できません。(詳しい方、教えてください...ペコリ!)PCですと表示されたり、しなかったり‥

でも!×表示されているバナーの位置をクリックすると主腐と生活迄とべますので、、、素敵なブログです!!
是非ともご覧いただければ!と思います。


ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~

※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!



本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。




【序・破・急】
本来は雅楽の演奏についての言葉である。雅楽の唐楽などで、曲を構成する三つの部分をいい、ほぼ西洋音楽の楽章に相当する。

「序」が無拍子かつ低速度で展開され、太鼓の拍数のみを定めて自由に奏され、「破」から拍子が加わり、「急」で加速が入り一曲三部構成を成す。



写輪眼 -破-



最も親しい友を…殺すことだ
(NARUTO 巻ノ25 145頁)

この台詞は万華鏡写輪眼の開眼の方法/条件としてイタチが提示したものです。



■はたけカカシ「神威

うちはオビトの存在や、「…リンを守れなかったオレだ」というカカシの台詞は無視できませんが、イタチの提示した「最も親しい友を…殺すことだ」という、条件には当て嵌まりません。

カカシを助ける為に岩の下敷きになったとはいえ、うちはオビトはその時点では生存しています。 彼は左眼の写輪眼を摘出後、敵の忍の術が原因で岩に押し潰されて命を落とします。(命を落とした様に見える生死不明の描写です)


「…リンを守れなかったオレだ」という、カカシの台詞も読者側から見る限り確たる描写は何もなく、判断の材料にはなりません。
ですが、少なくともカカシの殺意がそこに無いこと位は理解できます。

オビトやリンを守れなかったから、自分の為に犠牲になり、死なせてしまったと責任を感じている事が、万華鏡写輪眼の開眼に繋がっているというのも、あちらこちらで目にしました。
戦乱の世の中、時代が悪かった‥と割り切れずに責任を感じている‥‥というなら、それはそれでカカシファンの気持ちとしては十二分に理解できるのですが、それでも、イタチの提示した「最も親しい友を…殺すことだ」という、条件には当て嵌まらないし、似ているとも思えません。




‥‥‥だから

うちはの血族でないアナタが 写輪眼をそこまで使いこなすとは…(NARUTO 巻ノ16 143頁 イタチ)






しかし……何故 殺さない… その気になれば簡単に…
(NARUTO 巻ノ16 148頁 カカシ)



カカシの率直な疑問 何故殺さない… これは的を得たものであったと私は思います。カカシの成熟した写輪眼の使い熟しに感心して何かを確かめ、試す様に月読を意図的な長さで(72時間)かけているように感じます。

万華鏡写輪眼の開眼は万華鏡写輪眼による写輪眼への幻術‥その特殊な状態に馴らされ、写輪眼が独自の変化を経ていく、と考えています。

誰にでも開眼できるわけでは無い=素養があるかないか、もっと簡単に言えば、素質が有るか無いか、写輪眼を使い熟せているか熟せていないのか、

持って生まれた部分、努力やセンスで補える部分、素養があるかないか‥私は単純にそこだと思うのです。サスケが前者ならカカシは後者だと思います。





257話 カカシの経験値
(NARUTO 巻ノ29 67頁)

~74頁 イタチ
さすがカカシさんだ 一度私の“月読”を食らっているだけの事はある

~74頁 イタチ
たった一度の手合わせで…良く分析している…


万華鏡になりうる写輪眼、イタチにとって思わぬ拾い物だったのではないでしょうか?


私は鬼鮫と一緒に木ノ葉の里に顔を見せた目的はカカシの写輪眼に万華鏡への道筋を付けにきたのではないでしょうか。。。

イタチに、もともと九尾を狩る意志が無かった事は皆さんの知る所ですが、、、九尾を狩ると見せかける為にわざわざ鬼鮫を同伴させマダラや暁を欺き、カカシにわざわざ気取らせて誘いだしてまで。


‥サスケを託せる‥‥という程の大袈裟なものではないにしても、もしかしたらサスケを一人にしないで済む、くらいの気持ちを持ったのかもしれません。。。敵に塩を送るって、この場合も当て嵌まるのかな‥





イタチよ…お前の視力………どこまで落ちてる?






カカシさん…アナタまさか…





万華鏡写輪眼を確信した瞬間です


‥‥‥自分が殺した。又は、自分の責任で死なせてしまったという思い込み、心理状態が開眼に作用するならば、何も本当に殺さなくとも、幻術でそう思い込ませたり、思わせたり、、、得意分野のはずです。
それはそれで非常に滑稽な感じもしますが、一族、親友、親兄弟で殺し合うよりは、、ね‥‥
そんな事、彼等も分かっているはずです‥‥‥‥‥‥というよりは「最も親しい友を殺すこと」ここが、おかしいのですね。そうとしか思えません。


イタチの死因は病死とマダラから語られましたが、実際の所は何もわかっていません。
そして、殺す気満々でしたけど、サスケの手にかかり殺されたのでは無い事はわかっています。


麒麟は実に見事でした。これが少年の発する術なのでしょうか!!?
写輪眼に頼らない術の破壊力、速度、意外性、正真正銘の天才児ですね。 それでも、イタチが本気だったら何回殺されていたのか分からない程の実力差。
あのサスケが!ガタガタと怯えて震えて、とても勝ちと呼べるものではありませんでした。
サスケはイタチを殺していません。


サスケが殺したのでは無く、サスケの為にサスケに殺されたように見せかけたとマダラから聞かされた嘘とも本当とも、とれない話がサスケの精神状態に作用して万華鏡写輪眼の開眼に影響したのでしょうか?
だとしたら、イタチはシスイを殺す必要は無かった‥‥そういう事になります。
そもそも、イタチがシスイを殺した‥というのも眉唾ですが。


■もう一つの通り道



イタチの指先から流れた血液が滴り、サスケの眼球と接触するカットがありました。
(NARUTO 巻ノ43 86頁)

私はこれが転写封印天照の正体で、一つの答えだと思いました。
血液です。おでこにトンッは関係なくて‥‥あれは涙を誘う素敵な演出でしたが‥

イタチのチャクラを帯びた血液。
そのチャクラに順応した元々、質の高いサスケの写輪眼の潜在能力が、イタチの血によって一気に覚醒‥それどころかサスケを守るように天照、須佐能乎まで次々と纏います。

サスケは万華鏡写輪眼を開眼したのでしょうか?
あの六芒星は一時的な擬似的な幻、、、万華鏡を開眼したと思い込ませる‥‥‥サスケではなく、マダラにね。







サスケにこっち側に来て欲しくなかった。



ナルトを殺せない事も、自分が教えた条件に反発して別の方法で力を手にしようとする事も全てイタチにはわかっていた


兄の目論みどおり、誰一人殺めず万華鏡を開眼しないままで、極限まで研鑽を積み重ねイタチの元へ現れるのです。


うちは一族が、写輪眼が、何らかの形で自身に災いをもたらし、何らかの形で一族まで失ってしまった。
自身が終焉の時を迎える事をイタチは悟っていたはずです。

そんな憎悪、苦しみ渦巻く中に、お前もこっち側に来いとイタチは言うのでしょうか?

できれば、写輪眼に頼らない、うちは一族の名に囚われない強さを持ち、生きて欲しいと願ったのではないでしょうか?

一族の再興などイタチは望んではいないと私は思います。
イタチは最後の戦いで万華鏡を持たない弟、サスケの力を確かめるべく、自分を殺すべく成長し全身全霊で向かってくるサスケの術の一つ一つを受け、確かめてはいませんでしたか?

『本当に…強くなったな……サスケ』
(NARUTO 四十三巻 41頁)


万華鏡を持たない弟はイタチを納得させるに値するものだったと思います。


全てはイタチの目論み通りに...









□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様



※バナーをクリックすると 各ページへとべます。

主腐と生活のバナーですが、私の知識不足でうまく表示設定できません。(詳しい方、教えてください...ペコリ!)PCですと表示されたり、しなかったり‥

でも!×表示されているバナーの位置をクリックすると主腐と生活迄とべますので、、、素敵なブログです!!
是非ともご覧いただければ!と思います。


どれもこれも凄いです。ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~


※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!



本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。

写輪眼 -序-

写輪眼について、思うこと、想うこと、考えること、考えたこと、考えていたこと等々‥‥個人的な見解をつらづらと‥‥





神無毘橋の戦いから里へ戻ったミナト班。オビトの姿はありません。何故か‥‥

戦死したからです。

オビトにも父母、兄弟、友人があり、若いその死を惜しまれた事だと思います。
仮に、そのいずれでもない、孤独の身だったとしても うちは一族がオビトにはあります。

戦死しました‥と報告をし、それで終わりでしょうか?
勿論、“黄色い閃光”からの報告は、説得力も信頼度もあり、人々の理解は得られるかもしれません。


でもね、オビトは死にました‥‥遺体はありません。。。けど、この写輪眼は形見にもらったんです‥‥では、通らないのが人の情というものだと私は思います。

しかも、それは腕時計やゴーグル等の様なモノではなく、身体からくり抜いた眼球です。加えていうなら写輪眼です。ただの眼球ではありません。

うちは一族が木ノ葉の里に対して、劣等感や猜疑心を抱いていたなら尚更、トラブルの種では済まない非常にデリケートな代物だとしか私には思えません。
実際にうちは一族では物議を醸し出したのではないでしょうか。
分かり易くいうなら、写輪眼欲しさに任務に連れ出し殺して奪ったのではないかと疑われても仕方がない‥‥と思うのです。


そうではなかったと証明する必要は無いのかもしれませんが、先程書いた様に、人情を考えるのなら、遺体を回収し丁重に埋葬する事は無意味ではないはずです。


そもそも、人情云々以前にカカシやリン、ミナトが、オビトの死亡確認を怠り、そのままにして里へ帰討するとは、とても思えません。在りかはわかっていました。回収し持ち帰ったと考えるのがもっとも自然です。

もしも、トビがよく言われているようにオビトの身体を使っているのなら、カカシや、ミナト、うちは一族は死亡確認もせずにオビトをその場に放置した事になる。これは非常に考え難い。


うちは一族にオビトの亡きがらは受け渡され、丁重に葬られた‥そう、私は考えています。





以上のような経緯をたどり、カカシに写輪眼が移植され、その眼を使いこなしている事を、小さなサスケは別にしても、うちは一族やイタチは知っていたはずなんです。
だから驚かなかった。

使いこなされたその眼が万華鏡写輪眼に進化する可能性を持つ事をイタチは知っていたのではないでしょうか。

だから、‥‥→to the next....












余談ですが、リンはどうしたのでしょうね‥うちは一族の恨みを買い、自責の念にかられて‥
又は、移植技術に眼をつけられて他里にクシナのようにさらわれてしまったのでしょうか?
それとも、移植技術を漏洩させない為に自己犠牲の名の元に“処理”されてしまったのか

ああ、うちは絡みは暗くなるなぁ‥





□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様



※バナーをクリックすると 各ページへとべます。

主腐と生活のバナーですが、私の知識不足でうまく表示するに設定できません。(詳しい方、教えてください...ペコリ!)PCですと表示されたり、しなかったり‥

でも!×表示されているバナーの位置をクリックすると主腐と生活迄とべますので、、、素敵なブログです!!
是非ともご覧いただければ!と思います。


ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~


※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!



本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。






ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。