NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 2010年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大蛇丸【空】指輪と九字護身法


九つの指輪にそれぞれに刻まれた青・白・朱・亥・空・南・北・三・玉の漢字を陰陽道でいうと、青龍、白虎、朱雀、玄武、勾陳、帝台、文王、三台、玉女といい、四世紀の中国「抱朴子(ほうぼくし)」という仙道書から由来している九字護身法でいうと、臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前にあたります。NARUTOファンブックの巻数にあてられているあの漢字はこれです


臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前という九字を唱えれば一切の魔を避けられると言われています。
ですが、護身法とは言っても身を守る為の方法ではなく、精神集中や自己暗示の為の精神安定の方法として、重要な任務に就く前や、敵地に侵入する前などに精神を統一し強烈な自己暗示をかけたり、心の不安や動揺を打ち消す為に用いられたとされています。



指輪の意味を、人柱力を封印する幻龍九封尽の封印術に術者が影響を受けないようにする為の護身と考えたりしても面白いかもしれません。






幻龍九封尽ではありませんが、半蔵に騙し討ちに合った場面で、長門が口寄した外道魔像の口から同じ姿形の龍のチャクラ=幻龍?が出現しましたよね





その龍=幻龍に触れただけで魂を吸い取られあの世行きでしたからね



ゼツが「こう人数が少ないと時間がかかるね」(NARUTO 巻ノ四十五 125頁)とぼやいていたように、人数が少なければ(指輪の数も少ないので)術者を保護する護身の効果も弱くなるのかもしれません。



指輪の割り当ては

零(----) ペイン
青(青龍) デイダラ
白(白虎) 小南
朱(朱雀) イタチ
亥(玄武) ゼツ
空(空陳) 大蛇丸
南(南斗) 鬼鮫
北(北斗) 角都
三(三台) 飛段
玉(玉女) サソリ→トビ

と、それぞれ上手く配分、設定してあるので順番に紹介しますね♪







大蛇丸
出身/木ノ葉 年齢/54歳
尾獣捕獲/不明

■指輪/

■陰陽五行、風水、方位学/空陳

■九字護身法/

■仏名/愛染明王
衆生が仏法を信じない原因の一つに「煩悩・愛欲により浮世のかりそめの楽に心惹かれている」ことがあるが、愛染明王は「煩悩と愛欲は人間の本能でありこれを断ずることは出来ない、むしろこの本能そのものを向上心に変換して仏道を歩ませる」とする功徳を持っている。

愛染明王信仰はその名が示すとおり「恋愛・縁結び・家庭円満」などをつかさどる仏として古くから行われており、また「愛染=藍染」と解釈し、染物・織物職人の守護神としても信仰されている。さらに愛欲を否定しないことから、古くは遊女、現在では水商売の女性の信仰対象にもなっている。

日蓮系各派の本尊(曼荼羅)にも不動明王と相対して愛染明王が書かれているが、空海によって伝えられた密教の尊格であることから日蓮以来代々梵字で書かれている。なお日蓮の曼荼羅における不動明王は生死即涅槃を表し、これに対し愛染明王は煩悩即菩提を表しているとされる。


■印名/外縛
窮地に追い込まれてもくじけない
、邪悪な敵を粉砕し押し寄せる悪の因縁をも断ち切る剣をあらわす。


■九星九宮学/五黄土星
土の性質を兼ね備えています。九星の中心に位置し他の星を従える王者的存在の星で強靱な精神力で困難や障害を克服し、我慢強さと忍耐力を発揮します、ただ強情すぎる面が少し気になります。






大蛇丸の涙は?自来也に伝えた言葉の真意は?


師であるワシを殺すのに……多少の悲しみを感じる心を 持ち合わせておるのか?


やっと…すっきりした イヤ… 眠くてね… あくびをして涙が出ただけですよ………
(NARUTO 巻ノ十三 158頁~)





何をするにも考えが足りない そんなんだから私のやっていた事にも気が付かないのよ… バカにも程がある

(NARUTO 巻ノ二十七 38頁)







ずい分と こっちの手の内を調べてやがったな…大蛇丸め


いまとなっては大蛇丸のしようとしていたことは、世界の破滅=忍界大戦を阻止しようとしていたのかな、とも思えます。
消えない痛み‥もうたくさんだ!って思っていたのかもしれない。あんなに一生懸命育てていたのはサスケの境遇が自分と重なっていたのかもしれない。
サスケに裏切られた後だって、サスケの事を責めたりしなかった。まるでそうなる事がわかっていたかの様にうろたえたり、怒りを表にもしない。
数少ないサスケの理解者の一人だったと私は思う。
探し続けていた封印剣、十拳の剣だって、何を封印しようとしていたのか‥



側面から見れば、柱間の魂も大蛇丸が穢土転生で誰よりも先に召喚していたから、もう誰の手にも届く所には無く、マダラにも渡らずに済んでいる。
木ノ葉の暗部、も柱間の力を手に入れようと躍起になっていたのはダンゾウ、テンゾウからも見てとれる。カブトが持っている柱間や木遁に対する知識は、それらを裏付けるものだと見ていいと思います。

どちらに渡っても、間違った使い方をされてしまう、平和の為でなく、争いのない世界の為でなく。大蛇丸が里を抜けたのは初代火影柱間の魂を渡さない為だったのかもしれない。いくらでも考えつく。。。

イタチではなくサスケの写輪眼を狙っているように見せていたのも、けして敵わない相手だからではなく、自分が欲しくて狙っていたのではなく、トビ(マダラ)が欲しがっていたからでしょう..彼はそれを阻止(邪魔)しようとしていただけなのでは!?そこにダンゾウやイタチの意志が介在していたかもしれません。



大蛇丸は最後の場面がそうだった様に殺す事は難しい。どのような物理攻撃を受けても超再生で難無く対応してしまう。屍鬼封尽のように霊体に干渉する以外に、やり込める方法はないでしょうね。限りなく不死だ。

本人もそんな事わかっているはずで、力の差があるから、負けるかもしれないから、殺されるかもしれないから、と恐れをなして自分のゆく道を変えたりするようなタイプではありません。そんな事、見ていれば分かります。

真相はもう、闇の中かもしれませんが大蛇丸は自来也と同じものを見ていたと私は思うのです。

もし、大蛇丸と自来也が手を組んで事を推し進めていたのなら違う結果がここにはあったのかもしれない。彼らもまた、予言の子の一人...私は、そんな気がして仕方がありません。



■自来也と大蛇丸と何が違うのか?

そりゃあ、生きてきた背景が違う。失ったもの、図らずとも得てきたもの、見てきたもの、信じてきたもの、、、考え方や手法が違うのは仕方がない。大蛇丸を悪だと決め付けるのは読む人、感じる人、一人ひとりの自由だけれど、彼にだって彼の正義があると私は思う。

戦乱の世に生まれて生き残るという事は、(自来也だって)例外無く多くの命を奪い、絶ってきたから以外に他ならない。命を絶たれた忍にも父や母、恋人や小さな子供がいたかもしれない。




ナルトやサスケのように、大蛇丸のように、明日からひとりぼっちになる子供だっていたかもしれない。多くの悲劇を生む 正しい 戦争なんて無いのと同じで、命を奪うのに正しい奪い方なんてものはない。
ならば、大蛇丸も自来也も同じではないか....どこが違うというのだ。


そのような考え方を持つ私は、大蛇丸の真意が気になって仕方がない。もはや病気である。
スポンサーサイト

517話 オモイの「戦争」!!

気になったのは、アンコちゃんの生死とサイのお兄ちゃんの話かな、穢土転生の話もね。


【薬師カブト】
元々、カカシ先生と同じ位の強さを持っていたらしいのですが、大蛇丸の細胞をとりこんで全体的に活性化、底上げがされてるみたいですね。
大蛇丸はカカシ程度って言っていましたけれども、カカシって相当レベル高いですよ、写輪眼がなくても。


なのでアンコさんが勝てなかったのも、さほど不思議ではないので・す・・・が、一捻りあってもよかった。
アンコさんの呪印解放なんかあったら見応えあっただろうな~強いところを見せてほしかった。美人だし。サスケと同じくベースが良ければ状態 2でも綺麗なんだと思う。

サスケがイタチとの豪火球のぶつかり合いでイタチを圧倒できたのも呪印状態1の力だったし‥まぁすぐに天照できりかえされてしまいましたけどね



アッ!!忍刀七人衆がみたいな~
このタイミング逃したらみれないかもo(><)o






そして、シン&サイ!!【兄さん萌え】の私としましてはもう...このシチュエーションでは思わず...









「兄さん!!?」




一切の感情を表に出さなかったサイが、この状況をどのように接して乗り越えてゆくのか、非常に興味深いです。
彼も我愛羅と同じく、ナルトに救われた忍の一人ですよね。
感動の物語りが見れるといいな



そして...


穢土転生にも一筋の光りが見えた事だし!


サイ&シン兄さんでこれだけのパワーなんだからね、このあとに控えている(であろう)本家「兄さん!!?」では、もう!!!!!

















□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様



※バナーをクリックすると 各ページへとべます。

主腐と生活のバナーですが、私の知識不足でうまく表示設定できません。(詳しい方、教えてください...ペコリ!)PCですと表示されたり、しなかったり‥

でも!×表示されているバナーの位置をクリックすると主腐と生活迄とべますので、、、素敵なブログです!!
是非ともご覧いただければ!と思います。


どれもこれも凄いです。ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~


※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!



本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。

ゼツ【亥】指輪と九字護身法


九つの指輪にそれぞれに刻まれた青・白・朱・亥・空・南・北・三・玉の漢字を陰陽道でいうと、青龍、白虎、朱雀、玄武、勾陳、帝台、文王、三台、玉女といい、四世紀の中国「抱朴子(ほうぼくし)」という仙道書から由来している九字護身法でいうと、臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前にあたります。NARUTOファンブックの巻数にあてられているあの漢字はこれです


臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前という九字を唱えれば一切の魔を避けられると言われています。
ですが、護身法とは言っても身を守る為の方法ではなく、精神集中や自己暗示の為の精神安定の方法として、重要な任務に就く前や、敵地に侵入する前などに精神を統一し強烈な自己暗示をかけたり、心の不安や動揺を打ち消す為に用いられたとされています。



指輪の意味を、人柱力を封印する幻龍九封尽の封印術に術者が影響を受けないようにする為の護身と考えたりしても面白いかもしれません。






幻龍九封尽ではありませんが、半蔵に騙し討ちに合った場面で、長門が口寄した外道魔像の口から同じ姿形の龍のチャクラ=幻龍?が出現しましたよね





その龍=幻龍に触れただけで魂を吸い取られあの世行きでしたからね



ゼツが「こう人数が少ないと時間がかかるね」(NARUTO 巻ノ四十五 125頁)とぼやいていたように、人数が少なければ(指輪の数も少ないので)術者を保護する護身の効果も弱くなるのかもしれません。



指輪の割り当ては

零(----) ペイン
青(青龍) デイダラ
白(白虎) 小南
朱(朱雀) イタチ
亥(玄武) ゼツ
空(空陳) 大蛇丸
南(南斗) 鬼鮫
北(北斗) 角都
三(三台) 飛段
玉(玉女) サソリ→トビ

と、それぞれ上手く配分、設定してあるので順番に紹介しますね♪





ゼツ
出身/不明 年齢/不明
尾獣捕獲/不明

■指輪/

■陰陽五行、風水、方位学/玄武

■九字護身法/

■仏名/不動明王

動かない守護本尊、不動、無動尊として五大明王の中尊(リーダー格)で魔を調伏する霊験あらたかな存在で欲しいものを手に入れる、玉の輿など経済的な御利益もあるとされる。

右眼を見開き左眼をすがめる、あるいは右眼で天、左眼で地を睨む天地眼、右の牙を上方、左の牙を下方に向けて出す牙上下出という【左右非対称の姿】が今に伝えられています。


■九星九宮気学/四緑木星
木の性質を兼ね備え(白ゼツ/柱間の力)、緑生い茂る成熟完成した樹木で従順な意味を持ち
、変化にうまく適応していけば発展進展します。






左半身に融合している白ゼツは、割と楽観的で軽々しい印象を持ちますが、右半身に融合している黒ゼツは対象的に重苦しい雰囲気で、流暢に話す左半身と比べると発言は片言で言葉少なです。見た目は一人なのに、別々に特化された能力がそれぞれ違う思考を持ちながら一つの身体に同梱されています。

これを脳の持つ機能、役割に準えて検証してみると、面白いん(≧~≦))ですよ、これが!

右脳は直感、創造性、空間認識、音楽、イメージ(映像)などの働きを担い、左脳は言語、論理的思考、計算処理などの働きを担っているということが分かりました。
人の脳は、右脳が活性化すると見たままを、そのまま覚えられる写真記憶や、他人が考えていることがわかるテレパシーなど、左脳では考えられない事ができたりします。
うまく性格づけしてあるし、なるほど!の割当てじゃないですか~岸本さんて凄いなあ><
不思議だな~って思ってましたけど、、、いや、まだまだ不思議ですけどねぇ(笑)録画機能が付いてたわけじゃなかったんですよ、この子!!わかります!?







まさか、陰陽遁の象徴的存在として一連の流れの中、大きな役割を担っているとは思いませんでした。
カブトに連れ去られては困ると手厚く保護しているのは、半身(黒ゼツ)にコピーの利かない、したくないトビ(マダラ)にとって自分の大切な身内(同じ時代を生きたうちは一族)を使用している可能性も考えられます。

白ゼツが柱間の力を表すのであれば黒ゼツはうちはの力‥‥自然とそうなります。


私は、うちは一族のトビとゼツが、うちはマダラを担いで騒ぎを起こしてるのかな~なんて考えたりして一日を面白おかしくすごす変わった子です(>_<)
トビとゼツ、この二人を見ていると3つの人格が有ることに気づきます。
※“かわいい後輩トビ”は演じているということでカウントしてません。

細胞培養した柱間は外道魔像に融合、細胞培養したうちはマダラを自分の身体に、、なんてのも面白いですよねぇ







万華鏡写輪眼や天照以上にレアリティの高い須佐能乎という万華鏡写輪眼のみに付帯される特殊な瞳術をマダラ(トビ)程ではありませんが、知っています。








うちは史の中でも、そうそうお目にかかれる代物では無いはずですからね。


しかも戦闘タイプではない、という事なので融合させるにあたって何らかの負荷、若しくは制限が掛かっているのかもしれませんね。例えば、柱間の力を細胞培養したとはいえ、本来の柱間が持つ力よりも小さく、陽遁を発動させていられる時間、大きさに制限があるとするならば、バランスの均衡を保つ為に陰遁側である黒ゼツの力を制限する必要も生じてくるのでは?と考えられます。

分かりやすく書くと、陰と陽のバランス、身体とチャクラのバランス、ダメージの無い強い身体であってもチャクラ量が少なかったら上手く術は発動しません。又は、その逆でチャクラの量が沢山あっても身体がそのチャクラに見合わない弱い身体なら、やはりこれも上手く術を発動させるのは難しいはずです。‥チャクラ量が少ない忍が多量にチャクラを消費する忍術を使用すると、寝込んだり命をおとしてしまう‥やっぱバランスは大事なんですYO...(。ゝω・。)



鬼鮫さんが命を懸けて繋いだ未来は、誰かに強制されたものでは無かったよね?

彼も鬼鮫さんと同じく、うちはマダラ(トビ)の謳う世界に憧れ、胸を熱くしているのかな~‥‥多分そうだと思うんだ。


イタチ【朱】指輪と九字護身法


九つの指輪にそれぞれに刻まれた青・白・朱・亥・空・南・北・三・玉の漢字を陰陽道でいうと、青龍、白虎、朱雀、玄武、勾陳、帝台、文王、三台、玉女といい、四世紀の中国「抱朴子(ほうぼくし)」という仙道書から由来している九字護身法でいうと、臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前にあたります。NARUTOファンブックの巻数にあてられているあの漢字はこれです


臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前という九字を唱えれば一切の魔を避けられると言われています。
ですが、護身法とは言っても身を守る為の方法ではなく、精神集中や自己暗示の為の精神安定の方法として、重要な任務に就く前や、敵地に侵入する前などに精神を統一し強烈な自己暗示をかけたり、心の不安や動揺を打ち消す為に用いられたとされています。



指輪の意味を、人柱力を封印する幻龍九封尽の封印術に術者が影響を受けないようにする為の護身と考えたりしても面白いかもしれません。









幻龍九封尽ではありませんが、半蔵に騙し討ちに合った場面で、長門が口寄した外道魔像の口から同じ姿形の龍のチャクラ=幻龍?が出現しましたよね





その龍=幻龍に触れただけで魂を吸い取られあの世行きでしたからね



ゼツが「こう人数が少ないと時間がかかるね」(NARUTO 巻ノ四十五 125頁)とぼやいていたように、人数が少なければ(指輪の数も少ないので)術者を保護する護身の効果も弱くなるのかもしれません。



指輪の割り当ては

零(----) ペイン
青(青龍) デイダラ
白(白虎) 小南
朱(朱雀) イタチ
亥(玄武) ゼツ
空(空陳) 大蛇丸
南(南斗) 鬼鮫
北(北斗) 角都
三(三台) 飛段
玉(玉女) サソリ→トビ

と、それぞれ上手く配分、設定してあるので順番に紹介しますね♪





うちはイタチ
出身/木ノ葉隠れ 年齢/21歳
尾獣捕獲/不明

■指輪/

■陰陽五行、風水、方位学/朱雀

■九字護身法/

■仏名/如意輪観音

日本では如意輪観音菩薩、如意輪観世音菩薩、大梵深遠観音など様々な呼び方があります。

重要文化財としての指定名称は如意輪観音、また救世菩薩と呼ばれています。

如意とは如意宝珠、輪とは法輪の略で、如意宝珠の三昧に住して意のままに説法し、六道の衆生の苦を抜き、世間、出世間の利益を与えること(※この世に生を受けたもの全ての苦しみを拭い去り幸福を与える事を)を本意としています。

又、如意宝珠とは全ての願いを叶えるものであり、法輪は元来古代インドの武器であったチャクラムが転じて、煩悩を破壊する仏法の象徴となったものなのです。

六観音の役割では天上界を摂化(せっけ/摂取化益の略)衆生を救いとって、教化(きょうけ)し利益(りやく)を与える事だという。





法隆寺の隣にある中宮寺の本尊像は、右脚を左膝にのせ右手を頬に宛てて考えるポーズを取る典型的な半跏思惟像です。

(記事トップに添付してあるイタチと半跏思惟像とを見比べてみてください)

この像は、昔から如意輪観音像と呼ばれていますが、造像当初の尊名が明らかになっておらず、弥勒菩薩像として造られた可能性が高いと言われています。



なお近世、如意輪観音は十九夜講の信仰の対象となっている。


※十九夜講(じゅうくやこう)とは、安産や子供の無事成長を祈る女性の集まりの事です。

‥‥女性の信仰の対象とは‥なんだか分かるような、わからないような...
子供の無事成長を祈る、という部分はよく分かりました。やっぱりね‥って感じです。岸本先生、知っているのかな(笑)?




多くの謎めいた部分を残して彼は姿を隠してしまいました。




サスケが自分の死後に道を誤る事を見通していました。
サスケに生きる道を残したのは何故ですか?





貴様など…殺す価値も無い…愚かなる弟よ……
このオレを殺したくば 恨め!憎め! そしてみにくく生きのびるがいい…………逃げて逃げて…生にしがみつくがいい
(NARUTO 巻ノ17 36~37頁 イタチ)
(NARUTO 巻ノ25 151頁 イタチ)



何故弱いか… 足りないからだ……憎しみが……
(NARUTO 巻ノ17 67頁 イタチ)




まるで、うちはマダラの求める復讐鬼を育てて差し出した印象をうけてしまう。。。


イタチが復讐にとりつかれていたとは思いたくはない。





だけれども、憎しみを知っているからこそ見えてくるものもあるのではないかと、思う。
よくよく考えてみるとそうだ‥



イタチがサスケに教えたかった本当に大切なものが、憎しみや痛み、復讐の果てにあるのなら、あるいは.....





万物は自分の尻尾を喰らう蛇のように円を描いている 善の行き着くところは悪、悪の行き着くところは善なんだ(ド根性忍伝 プロローグ オレの名は 33頁)



ならば、憎しみの行き着くところを 私は知りたい。




516話 我愛羅の演説

人柱力達を生きている姿で見たかったね。。暁編で見たかったな。もっと話しが長くても良かった。穢土転生でみるなんてもったいないなぁ
オリストっていうんですか?私はあれ、とても苦手で。。アニメーションでは何人か登場しているんですよね。なので穢土転生云々は置いておいて人柱力の話が本編で聞けるかもしれないというのはとても興味深いです。
それにしても、一人くらい生き返った事を喜んでもいいのに。
皆して生き返った事をいきなり不審がるというのもなんだかね


そしてついに、私のイチ押し角頭や兄さんが動きだしてしまいました。。。他にも次々と、白と再不斬、、三代目風影かと思ったけど着ているベストを改めて確認すると岩隠れの忍だね、誰なんだろう‥自分で考えて話ができる、会話できちゃうんだよね。意志も持っていて自由に術を発動したり、動けたりもします。



白!~兄さんばりに端正なマスクじゃないですか~!!よ~く見ると瞳の位置が分かる。生々しいな。

ダンやアスマもご登場、、、デイダラと旦那は夫婦漫才‥‥





んん、旦那ぁ‥寝不足!!?


輪廻眼六道の術をつかえる長門を自在に操れるの?ほんの数秒だったかもしれないけど、穢土転生でよみがえった霧隠れの忍を自由にしたような間を、長門や兄さんに見せたら命取りですよ~?天照は視点を合わせた場所から着火してしまうし、兄さんは写輪眼を使わなくても幻術上手いからね!!アオバを警戒していたけど、長門の輪廻眼人間道はアオバとは別世界で・す・か・ら・ね(^-^)/イッテコ~イ!





感情を残せば敵の乱れが生じる…そこを突く

カブトお前、どんだけ外道なんだよ~ネチネチと嫌な男だね~

でも、感情を残したら穢土転生でよみがえった側も逆らうじゃないか。数が多過ぎてうまく操れないんでしょう?
もう、、なんだかね、いろいろな意味で大味??

暁やうちはの話のあたりの緻密さが恋しいです。
作画が追いつかないのは何か理由があるのでしょうね、お疲れさまです。岸本先生。。。
そこは仕方がないにしても話は後で変えられないからね...

我愛羅の演説は...いい事を言っているなぁと、思います。間違っていない。さすが風影。

でもね、あくまでも個人的な気持ちですが、そんなに人って簡単じゃないと思うんです。
誰の横にもナルトがいるわけではない。我愛羅は運が良かった。
父親を殺された岩の忍はあれで‥・あんな演説で納得できたのでしょうか?世の中、こんな人間ばかりなら、憎しみの連鎖なんて起きないのに。

まあ‥漫画ですからね。お互いに謝ったりして、和解して‥‥それで気持ちが静まるなら、それが一番良いのかもしれないけれど、サスケや長門、大蛇丸のように、それでは到底、済まない人もいるといるいうこと、そこを忘れてはならない。



我愛羅の首を撥ねて‥‥我愛羅は自分が納得しているならそれでいいかもしれないよ。

だけどさ、砂の忍達が‥我愛羅(風影様)がいいと言ったのだから仕方がない、まぁいいか‥とはならないでしょう?
カンクロウやテマリが黙って泣いてるだけで終わるのかなぁ


頑固なお年寄りみたいにクドクドkirin φ(. . )λ≡ですが、そろそろ止めておきますね(笑)

この期に及んでも尚、勝ち負けを口にしている様では、人は輪廻を繰り返し、この世に再び人として生を授かったとしても、その都度、その都度、この輪からは抜け出せないんだろうな




kirin φ(. . )λ≡


□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様



※バナーをクリックすると 各ページへとべます。

主腐と生活のバナーですが、私の知識不足でうまく表示設定できません。(詳しい方、教えてください...ペコリ!)PCですと表示されたり、しなかったり‥

でも!×表示されているバナーの位置をクリックすると主腐と生活迄とべますので、、、素敵なブログです!!
是非ともご覧いただければ!と思います。


ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~


※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!



本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。

HAPPY BIRTHDAY!自来也様♪




はやく、かえってきてね☆





□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様



※バナーをクリックすると 各ページへとべます。

主腐と生活のバナーですが、私の知識不足でうまく表示するに設定できません。(詳しい方、教えてください...ペコリ!)PCですと表示されたり、しなかったり‥

でも!×表示されているバナーの位置をクリックすると主腐と生活迄とべますので、、、素敵なブログです!!
是非ともご覧いただければ!と思います。


ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~


※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!



本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。






八尺瓊勾玉と自己犠牲と.....願いと


「直接ぶつかって…今は色々分かっちまう オレ達ゃ一流の忍になれたって事だサスケ お前もオレも…
サスケェ…お前もオレの本当の心の内が読めたかよ…このオレのよ
それに…見えただろ?お前とオレが戦えば―…二人共死ぬ




ナルトの中に見えたのは一体、何だったのか





九尾を陰陽に分けて封印、つまりサスケには陰の九尾が封印されているのじゃないか?って
だから、戦って決着がつく=一人が死を迎えれる事になれば、あわせて二人共死ぬ、なんだろうなって考えた事もありました‥‥、というか今でもその線は捨てきれません。だって本当は屍鬼封尽されてなくて、ミナトやクシナが八卦封印されているだけで、どこかで生きているなら素晴らしいじゃない‥

巻ノ五十三で可能性は無くなってしまったように思うけどね。









八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
勾玉は、全ての生き物が始めにとる胎児の形を象ったものであるといわれています。


三種の神器の内の一つで八咫鏡(ナルトではイタチの須佐能乎が持っていた絶対防御の盾)とは陰と陽の関係にあるとも伝えられています。



私はイタチがナルトに与えた力は、この八尺瓊勾玉なのでは?と考えていました。

絶対防御のと対極の関係という性格を持つならどのような回避の技術も忍術も無効の究極の物理攻撃が考えられます。



お前にオレの力を分けてやった
その力…使う日が来なければいいがな(NARUTO 巻ノ四十四 14頁)‥‥というイタチの台詞が緊張感のある不穏な空気を漂わせます。



十尾が本当に存在していたとして、復活してしまった時は押さえ込む事ができないという前提の保険として、








‥‥‥灰燼に帰す










究極の破壊力といえば私達の生きる世界には核爆弾という恐ろしく残念な兵器が存在します。



競い合って性能/殺傷能力を高め保持する為に、国力を人ではなく兵器に全力で投資し続け努力している国もあります。
命を破壊する開発技術はお金になり、売買され全世界に広がりつつあります。
ナルト世界で言う尾獣によく似ていると思います。柱間がやっていたことは、実はこれらと変わらなかったんじゃないかなー、って思います。

たしかに、悪い人間では無かったかもしれません。
強いだけでなく、人望や信頼があってこその里長ですからね。

一方、木ノ葉の里を確立し繁栄させる為に泣いてもらった国々も多々あるわけでして‥
ま、柱間を正義だと感じたり信じるのは読んでいる方々の自由ですが




ただし、人望や信頼があって...というのも、木ノ葉の里に限るだったのかも。。。実際に雨隠れの様な里も存在するわけですし、六道を率いた長門に木ノ葉を壊滅に追い込まれた様に、数え切れないほど恨まれているはずなんです。

もっとも、私の中では尾獣【核】をばらまいた時点で悪属性になっちゃってますが

何故、全力で尾獣【核】を放棄しなかったんだろうって思います‥‥

さっきから横道に逸れてますが、しばしお付き合いを~


広島に投下された原子爆弾の約3,300倍の破壊力を持つ[ツァ-リ・ボンバ]という水素爆弾があります。
どこの国が‥なんてのは書きませんが、一体、何に使うつもりで3300倍なのでしょうか?馬鹿らしくて思わず笑ってしまいます。
どのくらいの破壊をもたらすのか想像する事もできません。造った方々は想像したのでしょうか?
しかも、設計段階では6600倍以上の核威力を想定し設計されていたというのですから、、、人って難しいですね~分かり合うのが難しいって何だかわかるなぁ

環境や自国の領土の安全を鑑みて半分の核威力にスケールダウンされて3300倍となったようですが...

※この爆弾は実戦配備されていません。ご安心を(^ ^ゞ


こんな爆弾が地表で爆発したら地球自体が残らないのでは。。。何もかも全てを抱き込んで宇宙の塵へと帰す、全てを無かった事にする





つもりなの?兄さん...



しかしね、究極の破壊力/神の御神器を使い放つ力を“オレの力”等という程、兄さんは不遜な輩ではありません。違和感ありありです。大丈夫、わかっています。

また、分け与えた力がサスケの力を押さえ込む、或いはサスケを殺す様な類いの力であるならば、イタチがうちは虐殺の夜から最後まで、命懸けでサスケを生かす選択をした事に矛盾してきます。



兄さんは自分を犠牲にしてナルトに“うちはの力”を預けたのかな?



ナルトの六道仙人の様な身体の変化は九尾のチャクラを得ただけでは成り立たなかった?


勾玉の首飾り(※これは八尺瓊勾玉ではありません)




兄さんが預けたうちはの力と、九尾のチャクラ、うずまき一族であるナルトの身体が揃ってナルトは‥‥

だってさ、マダラが柱間を細胞培養して千手の力を借りたりできるなら、うちはの力を貸す事だってできるでしょう?
ナルトに預けた“オレの力”ってイタチ自身を言っているような気がしませんか?





その力…使う日が来なければいいがな、という意味深な台詞もいろいろと解釈のしようがありますが、“オレの力”を使うような事態にまで、できるなら事が発展しないようにっていう、平和を愛する兄さんの願い。 。。だと私は思いたい








□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様




※バナーをクリックすると 各ページへとべます。


どれもこれも凄いです。ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!
※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.



本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。

515話 大戦、開戦!



サスケ、ちびっとだけ登場。私には長門を失ったマダラが、サスケを出しあぐねているようにも見えます。
....孤高な復讐者を気取ってはいても所詮、人はひとりでは生きてゆけないもの。
誰かを頼るならナルトを頼りなさい。はやく気づいて!



木ノ葉の偵察部隊がマダラのアジトをついに突き止めます。。。?いいえ、突き止めたというよりは薬師カブトにその場所まで誘いこみ、誘導されたようにしか見えません。
一見、彼は暁側について協力しているように見えますが、暁のアジトの位置や、外道魔像、(陰陽遁をサポートする)柱間の力のありか迄、忍連合に御丁寧に教えてしまいました。

忍連合軍が駒を進めるのは必至で、ゼツの力をなるべく温存しておきたいマダラの意向にいきなりそぐわない。マダラにも薬師を利用する腹積もりがあるのは分かりますが、マダラからすれば八尾と九尾が手に入れば良かったわけで、大戦そのものは彼にとっては寄り道以外に他なりません。頼みもしないゼツの強化まで手がけて‥‥カブト、よほどウズウズするのでしょうか?月の眼計画はいまや、骨抜き状態に。。

そもそも、宣戦布告 自体 がマダラからしたらポーズ、駆け引きの一つだったのではないでしょうか。。。

事実、彼は「九尾をとりに行く、、」と言ってませんでしたか?


まあ、マダラには、うっかり騙されてしまうような器の浅さはかんじませんね。。。彼は自分の為になるならば火中の栗を拾うタイプ...ですからね。なにがあってもブレない自信...?のような物を感じます。


それにしても、私には暁も忍連合軍も、薬師カブトたった一人に良いように掻き回されているように見えます。忍連合側も既成事実を淡々と積み上げ、積み上げさせて、とうとう専守防衛から先制攻撃へのシフトチェンジをしてしまいました。

多くの血が流れ人が死に、沢山の憎しみや痛みが生まれる。。。さぁ開戦です。。。



マダラですが、輪廻眼を左眼に収めた事によって、六道の術を使えるようになったようです。

輪廻眼人間道の術を使えば簡単に情報を取り出せる...と

輪廻眼天道の新羅天征も使える上に、身体を透過させる事もできる。さらに地獄道の術を使えば、やられた仲間を再生する事までできます。輪廻眼外道の術を使えば死んだとしてもヤマトを直ぐに生き返らせることもできる。今のマダラは“全ての術を生み出した忍の祖”にもっとも近い存在なのかもしれない。



[大蛇丸の涙は?自来也に伝えた言葉の真意は?]


師であるワシを殺すのに……多少の悲しみを感じる心を 持ち合わせておるのか?



やっと…すっきりした イヤ… 眠くてね… あくびをして涙が出ただけですよ………
(NARUTO 巻ノ十三 158頁~)





何をするにも考えが足りない そんなんだから私のやっていた事にも気が付かないのよ… バカにも程がある


(NARUTO 巻ノ二十七 38頁)





ずい分と こっちの手の内を調べてやがったな…大蛇丸め

いまとなっては大蛇丸のしようとしていたことは、世界の破滅=忍界大戦を阻止しようとしていたのかな、とも思えます。
消えない痛み‥‥もうたくさんだ!って思っていたのかもしれない。サスケの境遇が自分と重なっていたのかもしれない。あんなに一生懸命育てて。
探し続けていた十拳の剣だって、何を封印しようとしていたのか‥

側面から見れば、柱間の魂も、大蛇丸が穢土転生で誰よりも先に召喚していたから、もう誰の手にも届く所には無い。

イタチではなくサスケの写輪眼を狙っていたのも、けして敵わない相手だからではなく、自分が欲しくて狙っていたのではなく、マダラが欲しがっていたからでしょう..彼はそれを阻止しようとしていただけなのでは!?

大蛇丸は最後の場面がそうだった様に殺す事は難しい。
本人もそんな事わかっているはずで、力の差があるから、負けるかもしれないから、殺されるかもしれないから、と恐れをなして自分のゆく道を変えたりするようなタイプではありません。十拳の剣を持つイタチとだって向かいあったではないですか。

真相はもう、闇の中かもしれませんが大蛇丸は自来也様と同じものを見ていたと私は思うのです。

もし、大蛇丸と自来也様が手を組んで事を推し進めていたのなら違う結果がここにはあったのかもしれない。彼らもまた、予言の子の一人...私は、そんな気がして仕方がありません。


■自来也様と大蛇丸と何が違うのか?

そりゃあ、生きてきた背景が違う。失ったもの、要らずとも得たもの、見てきたもの、信じてきたもの、、、考え方や手法が違うのは仕方がない。大蛇丸を悪だと決め付けるのは読む人、感じる人、一人ひとりの自由だけれど、彼にだって彼の正義があると私は思う。

戦乱の世に生まれて生き残るという事は、(自来也様だって)例外無く多くの命を奪い、絶ってきたから以外に他ならない。
命を絶たれた忍にも父や母、恋人や小さな子供がいたかもしれない。ナルトやサスケのように、大蛇丸のように、明日からひとりぼっちになる子供だっていたかもしれない。多くの悲劇を生む 正しい 戦争なんて無いのと同じで、命を奪うのに正しい奪い方なんてものはない。

ならば、大蛇丸も自来也様も同じではないか....ただ、この世がどうにかならないかと、もがいている。みっともなく、人間らしくもがいている。


そのような考え方を持つ私は、大蛇丸の真意が気になって仕方がない。もはや病気である。




薬師の見る先には何があるのか、彼は大蛇丸の意志を継いでいるのだろうか?


全ての人々が自分と一つになる、痛みも、苦しみも、悲しみも、憎しみもない世界なのか

人という人全てが存在しない痛みも、苦しみも、悲しみも、憎しみも何も存在しない世界なのか


人という人が理解し合い分かりあい、痛みも、苦しみも、悲しみも、憎しみもない世界はあるのか


こうして書き起こすと、憎しみも、痛みも、苦しみも、悲しみもなく、他人を理解し分かりあえる世界なんてムシが良すぎるという事に気づく。



そんな事できるわけがない。



憎しみも、悲しみも、体験して感じて、存在するからそれらの感情を介して他人を思いやれる様になるような気が私はします。

それらの感情を避けて、抜きにして理解し合う事なんて、できるわけがない。


マダラも薬師も信じる事に愛想を尽かし諦めてしまっただけで、昔、今の様になる前に人を、自分を、信じていた時期が必ずあったのではないかと私は思う。




口寄せ穢土転生、
多くの忍達がよみがえる様です。本編初登場でもある元人柱力メンバー達、どの様にあてがわれ登場するのか見物です。




私の大好きな兄さんもデイダラのように話をするのでしょうか!!?問い掛けに彼の言葉でかえすのでしょうか...!?




口寄せなら....死者の魂を口寄せたのなら







九尾が口寄せされた時にマダラにうたれた契約封印は、穢土転生で口寄せられた魂には効かないのでしょうか...



教えてください。





□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様



※バナーをクリックすると 各ページへとべます。

主腐と生活のバナーですが、私の知識不足でうまく表示するに設定できません。(詳しい方、教えてください...ペコリ!)PCですと表示されたり、しなかったり‥

でも!×表示されているバナーの位置をクリックすると主腐と生活迄とべますので、、、素敵なブログです!!
是非ともご覧いただければ!と思います。


ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~


※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!



本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。





見えない夜


1860年3月3日
江戸幕府大老 井伊直弼

1863年10月30日
新選組
局長 芹沢鴨
隊士 平山五郎

1864年2月26日
薩摩藩貿易商 大谷仲之進

1864年7月1日
富山藩家老 山田嘉膳

1866年4月1日
新選組七番隊長 谷三十郎

1866年5月1日
対馬藩佐幕派 八坂順之助 阿比類嘉助

1866年5月2日
対馬藩佐幕派 勝井五八郎

1866年1月30日
孝明天皇

1867年9月3日
軍学者 赤松小三郎

1867年9月28日
新選組五番隊長 武田観柳斎

1921年9月28日
実業家 安田善次郎

1932年4月29日
軍司令官 白川義則

1936年2月26日 (二・二六事件)
大蔵大臣  高橋是清
内大臣   斎藤実
教育総監  渡辺錠太郎
首相秘書官 松尾伝蔵




・19~20世紀、日本国内のみ

・新月(月初)から±3日

※ちなみに±5日で探したり、外国籍の方を含めれば、まだまだふえますYO☆


皆さん、風邪に気をつけてね!
感想記事は明日アップしますね。では。。。
カエル押しの記事(511話)、、間違って消しちゃった‥‥なーにやってんだか(゜▽゜).......くしゃみがとまらない






□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様



※バナーをクリックすると 各ページへとべます。

主腐と生活のバナーですが、私の知識不足でうまく表示するに設定できません。(詳しい方、教えてください...ペコリ!)PCですと表示されたり、しなかったり‥

でも!×表示されているバナーの位置をクリックすると主腐と生活迄とべますので、、、素敵なブログです!!
是非ともご覧いただければ!と思います。


ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~


※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!



本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。






NARUTO 巻ノ五十三 発売♪


NARUTO 巻ノ五十三 発売です♪コンビニダッシュで品だし前をGET♪(11月4日早朝)



とても素敵な表紙です.....  なにもかも素敵すぎるよ秋の空、空気が冷たくて気持ち良い朝だなぁ♪な~んて気分でいたら雨が。。。



自分の父や母も、私が生まれた時にはこんな感じだったのかな~なんて、、、表紙をしみじみと見つめてしまったりして



岸本先生の奥様の御意見が反映されて、このお話は創られたそうです。奥様GJ! o(><)o


『NARUTO -ナルト- 』53巻の内容を描くに当たり、うちの嫁さんに色々と質問してみた結果、このような内容になりました。今回は母の話です。
(NARUTO 巻ノ53 表紙折り返しより)


ナルトが真実の滝で修業している‥

サスケやうちは一族、マダラも自分を信じる事ができなくて今のような状況に陥ってしまったのかな?大蛇丸もだね
うーん、薬師くんも。。?

八尾を完璧な人柱力だと発言するマダラは、その理由に気づいているのかもしれない。要するに信じる事に疲れて諦めてしまったんだと思うんです。





柱間は、木ノ葉の里は――――

何故、渦の国を全力で守らなかったんだろう..不思議です。


当時、最強を誇っていた千手一族、うちはとの戦いにも勝利し尾獣も手にして、順風満帆だったのではなかったのでしょうか。

なのに、自分達の血縁にあたる一族の存亡の危機を何故やり過ごしてしまったのだろう。

長きにわたり平定、平安を見据えていたのなら渦の国の忍がもつ力は木ノ葉の里にとっても必要不可欠であったはずだし..

何よりも柱間にとっては自分の奥さんの故郷でもあるというのに


どうして!?


大きな力を持つ木ノ葉の里が、渦の国を支援していれば、同じ様に繁栄していてもおかしくはないと思うんだ。幾つもの尾獣を収めて、外交/政治的に木ノ葉の里が優位にたてたのも、尾獣を人柱力として胎内におさめる渦の国の(女性?)人々の犠牲があったからではないのかって。


昔、日本でも お市の方(織田信長の妹) と呼ばれ、やはり同じ様に外交、政治的に利用された悲しいさだめの中に生きた女性がいました。あまりにも似過ぎていて、つい思い出します。彼女も器に先に愛を...の人だったと思うのですが、そんな自己完結 私は好きじゃない。。





九尾を奪う目的があって、うちは一族を蹂躙し、尾獣を封印してしまう力の流失を危惧して渦の国を.....





ん、考えすぎかな?




作品ではトビと名乗る仮面の忍が、うちはマダラの名前を名乗り、激しく、強烈な憎しみの権化となって多くの人々を踏みにじり、暗躍し続けています。小南との一騎打ちでは悲壮感を漂わせる一面も...




その面の男…そいつはなぜだかは分からないけど知ってたの…

…人柱力の封印が弱まる唯一の機会を知っていた

そこを狙われて…九尾を奪われた……

出産よ

人柱力の女性が妊娠をし出産を迎えるまでの約10ヶ月の間…封印に使ってるエネルギーがお腹の子供へと移行していくために
尾獣の封印がそれに比例して弱まっていく傾向にあるの





この台詞をみる限り、仮面の忍は渦の国に伝わる封印術に非常に‥‥非常に詳しい人物である事が窺えます。

この事から、仮面の忍はうずまき一族の人間ではないかと疑いをもちました。

多くの犠牲を被り、渦の国の人々の中には木ノ葉に対して、憎しみや恨みの感情を抱いたものがいたとしても不思議ではありません。何からなにまで円満ではなかったはずです。

うずまきミトがクシナに言った言葉だって、絶望の裏がえしとしか私には思えません。

あなたは、明日から知らない男の妻になりなさい、一族のさだめだから、世の為だから、身体の中に恐ろしい化け物を封印させろ....といわれて受け入れる事ができますか?

自分の娘や友人がそのような目にあうのを仕方がないと納得できますか?
もしも、喜ぶ女性がいるなら一度あってみたいと思います。

うずまきミトという女性を犠牲にして、木ノ葉の里は成り立っていたといっても過言ではありません。
そんな平和が長く続くはずがないし、後々まで続く憎しみの連鎖はこの時点で既に芽はあったのだなと感じました。私の中では仮面の忍も柱間も大差ありません。







と、長くなりましたがこの辺で。

この 巻ノ五十三 はとても好きです。
普段、真剣に考えない家族について真面目に考えたり、父や母の事を思い出したり。。。

それに、波風ミナトが怒りをあらわにする表情を目にする事ができるとは思いませんでした。。。この人、怒らないのかなー?って思ってたもので(笑)


まるでサスケのような目つきで仮面の忍と戦っているミナトは更に更に素敵でした。この一瞬は兄さんを越えています。素敵です♪
でも、でも、兄さんの過激な悩殺カット↓↓↓もバッチリです。。もう一冊買っておこうかしら(笑)


ありがとうございました~ペコリってばね!


kirin φ(. . )λ≡










□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様



※バナーをクリックすると 各ページへとべます。

主腐と生活のバナーですが、私の知識不足でうまく表示するに設定できません。(詳しい方、教えてください...ペコリ!)PCですと表示されたり、しなかったり‥

でも!×表示されているバナーの位置をクリックすると主腐と生活迄とべますので、、、素敵なブログです!!
是非ともご覧いただければ!と思います。


ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~


※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!



本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。






ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。