NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ A-rigato.言えなかった言葉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A-rigato.言えなかった言葉

d394295b.jpg

話の流れで必要な部分だったのだろうけど、ありゃ(NARUTO 巻ノ五十一 132頁)無いです。 香燐ごとダンゾウを串刺しにするとは想像外でした。想像外を軽く飛び越えていますが(汗

そして仕留めた後の一面ぶち抜きの気も触れんばかりのサスケの表情(滝汗

人が徹底的に追い詰められた先の潜在意識に潜む(であろう)狂気が余りにもリアル過ぎる。この辺、実は少し?とても理解できたりするのですが(汗 失うもの無くなった時の人間て本当怖いし、損得抜きになるからね、案外簡単に想像外の行動とれるものなのよ。
初めて見た時、思わずパタンと本を閉じたな~何か痛くて。
そして、いけないものを見てしまったような錯覚。

いや、何はともあれサスケファン←(私の事ね(笑)HN見れば一目瞭然)の事も少しは考えてもらいたいものです(汗

ま、でも、ショックを受けたままでは、つまらなくなってしまうので精一杯、ポジティブに考えようかなと思います。

サスケの忍としての資質、素養って兄貴譲りであんなに凄いのに、メンタル面が弱いというか、不器用な一面を持ち合わせているじゃないですか、

特に自分の気持ちの表現の仕方に際立って難があると思います。

生い立ちがそうさせている部分もあると思いますが

簡単にいうと、サスケって有難うと思っても素直に「有難う」と言えない不器用な奴です。

「香燐、もう引き返せなくなる。これ以上ついてくるなら本当に殺されるぞ、重吾と水月にも伝えてくれ」って言えば、
香燐はついていくのを止めたでしょうか?

それとも、
もう少しきつく「ついて来たら殺す」と言えば、よかったのでしょうか

香燐なら、前者の言い方など端にも留めなくて、、、多分、後者の言い方でもサスケェとか言いながらしつこく、追いかけていったかもしれません。

今までも、今回も(水月や重吾も含め)香燐の存在はサスケにとって本当に力になったはずです。

思い返してみれば、一人孤独を気取ってた割に、仲間には何かと恵まれています。

そのせいもあってか、サスケは仲間との絆を知り、仲間を大事に思う気持ちを脳みそでは理解出来ているのです。不器用なだけで。

最後の最後でダンゾウに打ち勝てたのも、危険を省みず戦いに身を投じた香燐のおかげと言っても過言ではありません。

しかし、それが逆にサスケには怖くなったのではないでしょうか
現に八尾戦、天照の飛び火で彼女は死にかけています。


個人的な復讐で、一国を代表する火影を殺害した事実に変わりはありません。(事実関係をしっかりと糾した訳では無く、浅はかでした)

最早、一刻の猶予も儘ならないでしょう。

これからは、サスケはどんな弁解も許されない状況におかれる事になります。
木ノ葉と同盟を結ぶ国々、五大大国、全ての忍が総力を挙げてサスケの首を捕りに襲い掛かってきます。

サスケに突き付けられた現実は“死”そのもの、それ以外はありません。
サスケもその事を重々、理解しているはずです。

もし、今回のサスケがとった行動が香燐や仲間の安全/命を考え、自分との繋がりを絶つ為の方法だったとしたら?

そんな時、一番、効果的で、一番、手っ取り早い、最も確実な方法とはなんでしょうか?
時間はもうありません。
マダラの眼さえも、遠ざける必要があります。

最も、確実な方法とはなんでしょうか?

不器用なサスケが考え抜いた、最も不器用で確実な方法、

あの時、サスケが香燐を刺さなければダンゾウが香燐を確実に殺していたかも、、と、
私はそのように考えてみる。

あれだけの狂気をみせられた香燐はサスケの思い通りに彼から離れていくはずです。
勿論、鷹の仲間も




「動くな…香燐」
(NARUTO 巻ノ五十一 131頁)
このサスケの台詞だってそうです。香燐の生死を問わずダンゾウを仕留めるのが目的ならば、黙って串刺せばよいものを、わざわざダンゾウにこれから何かしますよ!とお知らせしている。

香燐には何がなんだか分からなくてもダンゾウのような手練中の手練に、その合図は不要だったはずです。
距離をとられたり瞬身の術を使われて逃げられて仕舞う事だって考えられます。

しかし、ダンゾウはシスイの写輪眼が残っている事、香燐を人質に捕っている事に油断、驕りがあった…
サスケはそれを計算ずくで、更には写輪眼でチャクラ(経絡系)の流れを見切り(デイダラ戦でも見せたようにサスケにはそれができます)、香燐の身体のどの部分が急所で、どの部分なら突き刺しても死に至るダメージを与えないで済むかを考えながら戦っていたかもしれない。
その為の「動くな…香燐」としか私は思えないのである



惜しむらくはサスケ、その眼で人の心までは見切れないものなのか?月読、天照、須佐能乎と既に異次元、神憑った強さではないか


その眼に出来ない事はないように思えるのだが…





今回よりダンゾウという書き方を改めて、忍の世の為、木ノ葉の為に尊い命を犠牲にされた、木ノ葉の英雄、六代目火影ダンゾウ様と改める事にします。





最後まで読んでくれて、ありがとうございます!
God bless♪|・`)ノ


【言えなかった言葉 Rewrite 2010.0507】


※本記事は過去に発信した記事なのでコメント欄は閉じてあります
関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。