NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 509話 平和への懸け橋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

509話 平和への懸け橋

一つ問う…
なぜお前らほどのメンバーがオレを裏切った?
うずまきナルト…奴にそれ程の価値があるとでもいうのか?


忍界が闇(痛み・憎しみ)に包まれる中で今のナルト君は瞬ゆい光。その存在感は顔を背けようが嫌が応でも眼に入ってきてしまう。 深い闇の中で、長門を変えたナルトの光が(存在が)気になっている      悪の存在としか思えないトビにも、きっとトビなりの譲れない正義が存在する。しかし、どこをどう曲げて解釈しても感情が先行して、この仮面を悪属性だとしか認識、理解できない。 ミナトやクシナ、サスケの事がどうしても引っ掛かって、その事情を考慮したいとは思わない。できるのであれば復讐してやりたい。終わらない憎しみも癒えない痛みも、こうした私のような人間の持つ感情が原因の一端である事は間違いない。
最近のナルト、考えれば考える程難しい。難しい顔で深読みしていて楽しいのか、自分?
でもね、親や愛する人をある日突然に訳もわからず奪われて、ただ下を向いて生きていけるものだろうか?そんなの絶対に無理だと思う。そうは思いませんか?


少なくとも私には絶対に無理。大蛇丸やサスケの気持ちを盛大に全力で理解したいと思うし、もしも私が同じような状況下におかれれば立派な復讐者になる自信はある。




あーあ、またしても嫌な戦いが始まってしまいました。。。


これが、お菓子の包み紙で花を折っていたあのあどけない子供なのか…と思うと胸がぐっと締め付けられる。
ああ、、、きっと彼女も


小南の機転を利かせた策が‥ではなく捨て身の策がかつて無いほどのダメージをトビに与えます。


仮面が砕けトビの素顔が見え隠れしています。
いろいろな方の感想やサイト、友人の話しではうちはオビトではないか?というのが大勢を占めていました。それはそれで興味のある展開です。カカシやリンの事、どのような話をするのか是非聞いてみたいです。しかし、神無毘橋の戦いからわずか十六ヶ月後に木ノ葉の里に現れたトビをオビトだとするなら、半身を岩で押し潰された上に写輪眼を片方摘出したボロボロの身体をどう回復したのか?他にも扉間が火影の時代の油女シクロの存在、秘術の詳細を知り、当時の根や暗部の内情に詳しい等、時代的に符合しません。ミナトが対峙し手合わせをし、オビトだと気づかない様な頼りない忍だと思えませんし、盟友カカシの前で仮面を着けたままでいるのも不自然ですね
ならば、身体はオビトで何物かに操られているのか?オビト本人よりは、そうあってほしいなぁという個人的な願望は大きくなりますが、スクラップ同然の身体をわざわざ使って事をおこす理由が思いつきません。九尾の奪取をかけた一大事に何故わざわざ相手にアドバンテージを?
うちはの身体がほしければそんな回りくどい事をしなくても里には写輪眼を持ったピチピチの生体がゴロゴロといる時期です。
いろいろと想定される中、最も最悪なケースは、このトビという仮面の忍が、うちはオビト本人だったら‥という事。里にもどり最初にとった行動が自分を親身に指導してくれていた師ミナトに対する暴虐の数々…ナルトの母クシナを間接的に殺害し、ミナトまで死に追い込む、、、どのような動機で?想像する事自体が斬新過ぎて難しいです。もはや異次元の世界ですな。




暁を弥彦に立ち上げるように仕向けたのはオレだ

そして…輪廻眼を長門に与えたのもオレだ

だから返してもらうと言った方が正しいか…



■輪廻眼とは一体?

私は輪廻眼は六道仙人が後世に遺した神器や霊器のようなもの、うちはイタチが持っていた十束剣や八咫鏡と同じ類いのものだと思っています。
長門が亡くなったのは昨日今日の話ではありません。説明は不要だと思いますが遺体は腐敗します。眼球だけが腐敗せず綺麗に残るということは考えにくく、それでも“眼”を回収しにきたという事はその特別な眼球は有機質では無いと考える事ができます。腐敗せずに残っているのならね。
さらには長門とのリンクが切れた後も畜生道(初代のほう)の眼は輪廻眼のままでした。輪廻眼を持つ長門の影響下にあるときに眼が輪廻眼に変質すると考えていた時もありますが、リンクが切れた後も輪廻眼であった事実(NARUTO 巻ノ四十四 64頁 3コマ目)を考えると長門とは別に神器/霊器、輪廻眼を与えられていた‥‥輪廻眼は六道+外道で七体分/合計十四個、外道魔像でワンセットと考える事ができます。



小南‥‥ボロボロになるまで頑張って(泣)輪廻眼が長門のものでなくトビから貸し出されたものだというなら返却して後はナルトに任せれば良いのに。
長門や弥彦だって小南の死を絶対に望んでいない。


☆弥彦萌えの図


うちはの瞳力をなめるなよ小娘!

小娘と馬鹿にするならそんなズルイものを使わずに、殺さず、気がつかれない内に持っていくくらいのスマートさを見せて下さい


ホント、ろくな死に方しないよ!!主腐Qさんが書いていたように「柱間‥‥こんな俺ってどう思う?」なんて綺麗には終わらせないよ~

と、脱線しまくり、遅くなりまくりの感想でしたが、読んで下さった皆様ありがとうございました。



以下オマケです。


「死海文書」

1947年に羊飼いが偶然見つけたとされています。
八百点以上の巻物(写本)と、その断片が数万点、状態の良い巻物は極わずかで、ほとんどは小さな断片でした。



紀元前1250年頃にモーゼがエジプト脱出の際「十戒」を神から授けられたとされるがそれと関係あるのかはわかりません


内容については、
旧約聖書の写本
ユダヤ共同体憲章
銅の巻物
神殿の巻物
戦いの巻物

キリスト教などのルーツを根本から揺るがしかねない過激な文章、ユダヤ戦争の発端となったユダヤ過激派達に関連する疑いのある文書だったのではないか、、とされています。

ユダヤ戦争でエルサレム神殿がローマ軍の攻撃に曝され焼失する前に、戦争中に神殿図書館から祭司達の手によって(ユダヤ過激派達に関連する文章のみ)持ち出され、ヨルダン川沿岸に無数に点在する大小の天然洞窟に写本を隠したとされています。
焼却してしまえば良いのに‥と思われるかもしれませんが、それができない理由がありました。
古代ユダヤ教では神の名が記された書物を焼いてしまう事を禁じられていたからです。

エルサレム神殿はユダヤ戦争によって完全焼失、その結果、持ち出された異端文書のみが死海の近くのクムラン洞窟で二千年間保存されたという皮肉な結果を残す事になります。危険な思いをしてわざわざ持ち出さなくてもよかったわけです。


最初の発見から二年後に、ヨルダン政府が本格的に調査を開始、次々と十一もの新たな洞窟を探しあててそこに眠る古文書を発掘しました。この本格的な発掘がなされるまでの間に洞窟から盗掘され持ち去られたり転売されたりして行方不明になった文書も数多くあり、歴史の真実は永遠に闇に葬り去られたと言われています。


■死海文書の内容

□旧約聖書の写本

旧約聖書とは全部で二十四巻あると言われていますが、二十三巻迄の内容が発見されました。
それまでの最古の旧約聖書の写本は紀元930年のアレッポ写本であった所に1000年以上も遡る写本が発見されたことになります。



□ユダヤ共同体憲章

初期のキリスト教団との関連を裏付ける重要文書だと言われています。
一番最初に見つかった文書の一つで内容はユダヤ教の教訓がで書かれています。この教訓を作ったのはヤハドと言われる共同体であるとされていて、キリスト教発祥の集団ではないかと言われるほど、初期キリスト教団と多くの類似点があります。



□銅の巻物

宝のありかを記した巻物とされています。他の文書は、羊皮紙やパピルスなどに書かれていましたが、宝の在りかだけは銅板にしるされていました。
実際に銅の巻物に記されている宝の在りかを元に財宝を探した考古学者は沢山いましたが発見にはいたらなかったようです。
銅板はヘブライ語の口語体で書かれていて、エルサレム神殿の祭司達が莫大な財宝をローマ軍から守る為に疎開させた埋蔵場所を記してあるといわれています。



□神殿の巻物

エルサレム神殿の細かい実施計画や当時の法律について記された巻物でした。



□戦いの巻物

この世は罪の為に終末を迎え、メシアが現れて最後の審判をした後、永遠に至福の時代が到来する」という終末論について書かれた巻物
終末論の他にも、軍隊編成の仕方、武器の作り方、攻撃方法も記されている



■終末論の具体的な内容

光の子達と闇の子達が神の計画通りに最終戦争を戦い、四十年間に渡って戦いは続いた。
光と闇、共に三回づつ勝利し、最終の七回目の戦争で神の手の介入により、光の子たちの力が増大し、彼等に最終的な勝利がやってきて、ついに永遠の平和と光り輝くイスラエル(イスラ=闘い、エル=神‥‥矛盾?)の時代がもたらされるとされている。




|・`)ノでは‥






|彡サッ!
関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。