NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 大蛇丸【空】指輪と九字護身法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大蛇丸【空】指輪と九字護身法


九つの指輪にそれぞれに刻まれた青・白・朱・亥・空・南・北・三・玉の漢字を陰陽道でいうと、青龍、白虎、朱雀、玄武、勾陳、帝台、文王、三台、玉女といい、四世紀の中国「抱朴子(ほうぼくし)」という仙道書から由来している九字護身法でいうと、臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前にあたります。NARUTOファンブックの巻数にあてられているあの漢字はこれです


臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前という九字を唱えれば一切の魔を避けられると言われています。
ですが、護身法とは言っても身を守る為の方法ではなく、精神集中や自己暗示の為の精神安定の方法として、重要な任務に就く前や、敵地に侵入する前などに精神を統一し強烈な自己暗示をかけたり、心の不安や動揺を打ち消す為に用いられたとされています。



指輪の意味を、人柱力を封印する幻龍九封尽の封印術に術者が影響を受けないようにする為の護身と考えたりしても面白いかもしれません。






幻龍九封尽ではありませんが、半蔵に騙し討ちに合った場面で、長門が口寄した外道魔像の口から同じ姿形の龍のチャクラ=幻龍?が出現しましたよね





その龍=幻龍に触れただけで魂を吸い取られあの世行きでしたからね



ゼツが「こう人数が少ないと時間がかかるね」(NARUTO 巻ノ四十五 125頁)とぼやいていたように、人数が少なければ(指輪の数も少ないので)術者を保護する護身の効果も弱くなるのかもしれません。



指輪の割り当ては

零(----) ペイン
青(青龍) デイダラ
白(白虎) 小南
朱(朱雀) イタチ
亥(玄武) ゼツ
空(空陳) 大蛇丸
南(南斗) 鬼鮫
北(北斗) 角都
三(三台) 飛段
玉(玉女) サソリ→トビ

と、それぞれ上手く配分、設定してあるので順番に紹介しますね♪







大蛇丸
出身/木ノ葉 年齢/54歳
尾獣捕獲/不明

■指輪/

■陰陽五行、風水、方位学/空陳

■九字護身法/

■仏名/愛染明王
衆生が仏法を信じない原因の一つに「煩悩・愛欲により浮世のかりそめの楽に心惹かれている」ことがあるが、愛染明王は「煩悩と愛欲は人間の本能でありこれを断ずることは出来ない、むしろこの本能そのものを向上心に変換して仏道を歩ませる」とする功徳を持っている。

愛染明王信仰はその名が示すとおり「恋愛・縁結び・家庭円満」などをつかさどる仏として古くから行われており、また「愛染=藍染」と解釈し、染物・織物職人の守護神としても信仰されている。さらに愛欲を否定しないことから、古くは遊女、現在では水商売の女性の信仰対象にもなっている。

日蓮系各派の本尊(曼荼羅)にも不動明王と相対して愛染明王が書かれているが、空海によって伝えられた密教の尊格であることから日蓮以来代々梵字で書かれている。なお日蓮の曼荼羅における不動明王は生死即涅槃を表し、これに対し愛染明王は煩悩即菩提を表しているとされる。


■印名/外縛
窮地に追い込まれてもくじけない
、邪悪な敵を粉砕し押し寄せる悪の因縁をも断ち切る剣をあらわす。


■九星九宮学/五黄土星
土の性質を兼ね備えています。九星の中心に位置し他の星を従える王者的存在の星で強靱な精神力で困難や障害を克服し、我慢強さと忍耐力を発揮します、ただ強情すぎる面が少し気になります。






大蛇丸の涙は?自来也に伝えた言葉の真意は?


師であるワシを殺すのに……多少の悲しみを感じる心を 持ち合わせておるのか?


やっと…すっきりした イヤ… 眠くてね… あくびをして涙が出ただけですよ………
(NARUTO 巻ノ十三 158頁~)





何をするにも考えが足りない そんなんだから私のやっていた事にも気が付かないのよ… バカにも程がある

(NARUTO 巻ノ二十七 38頁)







ずい分と こっちの手の内を調べてやがったな…大蛇丸め


いまとなっては大蛇丸のしようとしていたことは、世界の破滅=忍界大戦を阻止しようとしていたのかな、とも思えます。
消えない痛み‥もうたくさんだ!って思っていたのかもしれない。あんなに一生懸命育てていたのはサスケの境遇が自分と重なっていたのかもしれない。
サスケに裏切られた後だって、サスケの事を責めたりしなかった。まるでそうなる事がわかっていたかの様にうろたえたり、怒りを表にもしない。
数少ないサスケの理解者の一人だったと私は思う。
探し続けていた封印剣、十拳の剣だって、何を封印しようとしていたのか‥



側面から見れば、柱間の魂も大蛇丸が穢土転生で誰よりも先に召喚していたから、もう誰の手にも届く所には無く、マダラにも渡らずに済んでいる。
木ノ葉の暗部、も柱間の力を手に入れようと躍起になっていたのはダンゾウ、テンゾウからも見てとれる。カブトが持っている柱間や木遁に対する知識は、それらを裏付けるものだと見ていいと思います。

どちらに渡っても、間違った使い方をされてしまう、平和の為でなく、争いのない世界の為でなく。大蛇丸が里を抜けたのは初代火影柱間の魂を渡さない為だったのかもしれない。いくらでも考えつく。。。

イタチではなくサスケの写輪眼を狙っているように見せていたのも、けして敵わない相手だからではなく、自分が欲しくて狙っていたのではなく、トビ(マダラ)が欲しがっていたからでしょう..彼はそれを阻止(邪魔)しようとしていただけなのでは!?そこにダンゾウやイタチの意志が介在していたかもしれません。



大蛇丸は最後の場面がそうだった様に殺す事は難しい。どのような物理攻撃を受けても超再生で難無く対応してしまう。屍鬼封尽のように霊体に干渉する以外に、やり込める方法はないでしょうね。限りなく不死だ。

本人もそんな事わかっているはずで、力の差があるから、負けるかもしれないから、殺されるかもしれないから、と恐れをなして自分のゆく道を変えたりするようなタイプではありません。そんな事、見ていれば分かります。

真相はもう、闇の中かもしれませんが大蛇丸は自来也と同じものを見ていたと私は思うのです。

もし、大蛇丸と自来也が手を組んで事を推し進めていたのなら違う結果がここにはあったのかもしれない。彼らもまた、予言の子の一人...私は、そんな気がして仕方がありません。



■自来也と大蛇丸と何が違うのか?

そりゃあ、生きてきた背景が違う。失ったもの、図らずとも得てきたもの、見てきたもの、信じてきたもの、、、考え方や手法が違うのは仕方がない。大蛇丸を悪だと決め付けるのは読む人、感じる人、一人ひとりの自由だけれど、彼にだって彼の正義があると私は思う。

戦乱の世に生まれて生き残るという事は、(自来也だって)例外無く多くの命を奪い、絶ってきたから以外に他ならない。命を絶たれた忍にも父や母、恋人や小さな子供がいたかもしれない。




ナルトやサスケのように、大蛇丸のように、明日からひとりぼっちになる子供だっていたかもしれない。多くの悲劇を生む 正しい 戦争なんて無いのと同じで、命を奪うのに正しい奪い方なんてものはない。
ならば、大蛇丸も自来也も同じではないか....どこが違うというのだ。


そのような考え方を持つ私は、大蛇丸の真意が気になって仕方がない。もはや病気である。
関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。