NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 521話 大連隊、戦闘開始!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

521話 大連隊、戦闘開始!!

JC最新「巻ノ五十四」 12月29日 (水) 発売!!カバーのガイと鬼鮫が目印!!



表紙の再不斬、波の国での最後の姿です。身体に突き刺さる刀の形まで同じに書かれていて芸が細かい!!


慇懃無礼、傲岸不遜な態度でマダラを往なすカブト...
穢土転生を操ってるボクを操り 戌・午・寅の印で解をして止めればいいのさ
たとえば君の写輪眼とかでね 後は穢土転生達の魂を封印するとかかな‥‥

止めてみたら?と言わんばかりです‥‥ここまで大胆に挑発的にものを言えるのも、例の手札‥穢土転生で召喚して見せた魂の存在が大きく関係してくるのではないでしょうか!?(NARUTO 巻ノ五十二 121~122頁)

術者であるカブトを殺してしまえば彼の手の内にある魂はどうなるのか!?
現時点では、その在りかも解らない。魂も一緒に消滅してしまうのではないかという不明瞭な部分が、カブトに対して歯切れが悪く、思い切った行動がとれない!?
小南の様に写輪眼の力で聞き出してしまえば簡単なのに、“手札”の存在が彼を必要以上にデリケートにさせている印象を持ちます。


目的の為であるなら、例え女性であっても手にかける事を躊躇しない‥九尾を制圧できる強い瞳力(万華鏡写輪眼ではなく、通常の写輪眼です)をもち、輪廻眼六道の術を使える、しかも攻撃を当てる事もできない、まるで神の様な力を持つ忍が二の足を踏んでいる‥‥どうにも解せません。

「月の眼計画」はカブトの登場で進行するどころか、それまで貯めた一尾~七尾までのチャクラを取り崩し、完全に頓挫している様に思います。
輪廻眼の在りかを喋ろうとしない小南に業を煮やし、致命傷を負わせた上、写輪眼で幻術をかけ目的を奪いとる。徹底した非情さは、彼の憎しみの深さ=愛情の深さだと整理し理解して、これまで見てきました。

躊躇もせず小南を殺してしまうのは失った愛情の深さが成せる業だと無理矢理に理解してきたのに、ここへきて頑なであった一貫性が崩れかけています。

カブトは連合軍を導き、暁と鉢合わせ共倒れを画策し、マダラができる事なら使いたくなかった外道魔像のチャクラを消費させ、外道魔像を停止させかねない“毒”を持っています。
マダラが頑なに推し進めてきた「月の眼計画」はいまや完全に後退。カブトは即刻処理してしまわなければならない、今までそうしてきた相手のはずなのに、そうしない。

「月の眼計画」を頓挫させてでも回収しなければならない‥失った愛情、その深さを埋める事ができるもの=カブトの持つ手札だと私は考えます。



…この術は術者を殺したとしても止まる事がない


魂の縛りが全く無い状態、縛りを緩めた状態、逆に完全に支配した状態と、術者の意向で縛りの度合いを調整している事から、
穢土転生は術者を殺したとしても、術者の支配/管理から解放されるだけで、穢土に縛られた魂が浄土へと返る事はないはずです。
つまり、解印したとしても魂の平穏はない事が予想できます。
平たく言うなら成仏できないと言う事だと思います。

本当に生きて返る事ができるのならそれでも良いかもしれませんが、生贄として他人の命を犠牲にして、そのまわりを塵芥(分かりやすく言うなら土でも良いです)で固めて作った偽物の身体、痛みや温もり等の感覚もない身体では平穏、云々の話ではありません。憎しみのない世界からはほど遠いものです。
扉間はこの問題を解決できず、術をお蔵入りさせてしまったのではないでしょうか?
ここにもヒントが隠れている気がしてなりません。




魂を封印するとかかな‥といっても目視する事のできない魂を封印するなんて、術者のレベルや封印術の種類も限られてきます。
相殺扱いの屍鬼封尽も有効な手立てとは言い難く、もしもマダラが“手札”として召喚されている魂の平穏を望むなら、尚更難しい話になってくると思うんです。


そして、カブトまでが六道仙人の真理を解き明かすなんて言い出しました(((・`д・´;ノ)ノ

真理を解き明かす‥とは何をさして言っているのでしょうか?
大蛇丸も同じ事を言っていましたねぇ.....


私、思うんですけど!
忍術を全てうみだし、十尾を倒し十尾の人柱力であったといわれる六道仙人様は、憎しみのない世界に住んでいたのかなーって。。

すごい仙人様だったんだろうな~って思うんだけれど、どんなに忍術がすごくても、チャクラがすごくても、“憎しみ”にたいしては、そんなもの何の効果も期待できないし、関係もないんじゃないかって思うんです。
それは長門やナルト、マダラ、柱間、自来也、イタチを見ていてそう理解しました。






きっと、六道仙人と呼ばれた人物は、痛みや憎しみの蔓延る世の中と向き合い解決する術(すべ)を日々探究していたと思うんです。
ナルトや長門、自来也様と何も変わらないと思うんです。

志しなかばに、死期を迎えた六道仙人はその夢を“二人の弟子”に自分のチャクラ=輪廻眼(精神エネルギー)と仙人の体(身体エネルギー)とに分け託した

解決の為にミナトがナルトに遺した様に、尾獣のチャクラを有効に利用する事を願い、遺し、世を去っていった


然しながら憎しみや痛みは解決されるどころか、人間のエゴに歪められ、皮肉なことに六道仙人の遺した力は、憎しみや痛みとなって多くの犠牲者を生み世に蔓延る事となった


その犠牲者でもあるカブトや大蛇丸の言う、六道仙人の真理を解き明かすとは、六道仙人の選択にたいして自分が審判を下すということなのかしら?
自分が痛みや憎しみの無い世の中を作ってみせるとでも?


‥‥‥お疲れ様でした(笑)




‥‥‥ところで、気になりませんでしたか!?


カブトとマダラのやりとり‥‥


カブト、完全に“マダラ”“君”‥使い分けてませんか‥‥?


あまりに素晴らしく強い術のため  術者の名が世間の隅々まで行き渡る…ボクはいずれ うちはマダラよりも有名な忍になる
インテリのボクはそんな事望んでないんだよ…狙われるだけだしね

図に乗るなと言っている!物事には全てに反動がある 気を抜かずにいる事だ(マダラ)

忠告ありがとう この術のリスクがあるとすればに話してしまっている事がリスクさ




NARUTO 巻ノ五十二 114頁では……いや……今はマダラと名乗っているとか



どう思います?いずれもマダラ本人と話すというよりは第三者と話ているようで違和感ありありです。




カブトが穢土転生の縛りを強めました。カブト‥‥やめて~あんた一体何がしたいの!?( ′口`)

再不斬のチャクラが具現化し変貌を遂げてゆきます。エヴァ“ビースト”モード!!?!!!(′口`*ノ)ノ

再不斬は、かつて波の国でガトー率いる抜け忍くずれの傭兵集団相手に“小鬼ちゃん”チャクラモードを発動しています。
(NARUTO 巻ノ四 97頁)



その後、今月号の表紙と同じ刀傷を全身に負いながら、ガトーを仕留め(愛しい)白の後を追います。。。

皮肉な事に、死の特攻の直前に

「忍も人間だ…感情のない道具にはなれないのかもな……」の一言をのこして。






訪問してくれる皆様、覗いてくれた皆様、ありがとうございます。いただいておりますコメントやメッセージも順次おかえしさせていただきます。m(_ _)m



こういう年上女性キャラ好きです‥‥ロンドベルは鈴でもならしてりゃあいいんだよ!なんていいそうな(笑)




次号 新年5・6合併号は1月4日(火)発売!



□あ~と おぶ まっこ
Author:maccoGL様



□トゥーランガリラ
Author:えんじゅ(槐)様



□主腐と生活
Author:主腐Q様




※バナーをクリックすると 各ブログページへとべます。

どれもこれも凄いです。ふりやまない雨で(ずうずうしくおねがいしまして)掲載許可をいただき紹介させていただいた尊敬する方々のブログです。‥‥まずは百聞は一見にしかず!見ないと損しますよ~


※ブログに訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!

※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.




本記事掲載画像とご紹介しておりますブログは一切関係ありません。
関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。