NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 528話 だるいを超えて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

528話 だるいを超えて

ん~なーんだろ、この感じ



金銀兄弟の思わぬハイスペックにちょっと期待しちゃいましたが‥申し分のない小物っぷりに拍子抜けもいいとこです。
雷影と火影を纏めて片付けたなんて、これも嘘なのかい?

嘘をついたり言葉で他人を傷つけたりなんてのは大嫌い。。。あ!私がどうとか‥どうでもいい話ですが‥口は災いの、とはホントによく言ったものです。



‥‥ん?口は、っていうより言葉かな


嘘ついたり言葉で傷つけたりなんてのは人間様の専売特許ですものね。口のせいにしてはいけません(笑)ごめんね、口!


雷影の美談にケチつけるつもりは全くないのですが、左腕を失って何とも思わない訳がない。
だって印も握れない。下っ端の忍ならまだ何とかなるかもしれないが一流としては終わっている

これだって穿った言い方すれば嘘。ダルイを慮り強がって見せているのは分かるけど、良かれ悪しかれ嘘は嘘。人は嘘をつく。

ま、話の流れでこんな風に書きましたけど、私は雷影のこういう所、好きです。



今回も話は淡々としてますので、いつもながら横道に逸れたはなしを‥‥



ところで、六道仙人の生きた時代って、人々は争わず、憎まず、痛みや悲しみとは無縁の日々を送っていたのかな?

そんな事はないと思うし、それは今も昔も変わる事のない、繰り返しの歴史だったと思う。





本当の痛みを世界へ知らしめ 
その痛みの恐怖で戦いを抑止し…世界を安定へ導くのだ








人間はそんなに賢い生き物ではない そうでもしなければ平和をつくれないのだ

…やがて その痛みも何十年と時が経てば癒えていく
抑止力は低下し そしてまた人々は争い
今度は自分達で尾獣兵器を使い本当の痛みを再確認する…
(NARUTO 巻ノ47 77頁)




痛みと憎しみで歪んでしまい、恐怖で世界を押さえ付けようとしていた長門だけれど、彼は恐怖が答えではないとわかっていた

ただ、その答えが見つけられずに苦しんでいた一人の人間。どこにでもいる一人だったのだと思う。


六道仙人の生きた時代にも、そう違わない世界があり、長門が苦しんでいたものって六道仙人と呼ばれた僧侶の苦しみ そのものだったのではないかと思う





繰り返しの歴史



遠く昔‥‥

混沌を極めた人間の世界に一人の神が降り立った


神は何千年も続く争いを止めるよう説き諭したが、憎しみや痛みにとりつかれた人々が争いを止める事はなかった



やむを得ず、争いを先導する者達を自身の身体に、憎しみと共に封印したが、(NARUTO 巻ノ53 55~56頁)それでも人々の争いが止む事はなかった。


それならばと、武器という武器に生命力を吸いあげる術を施し人から武器を取り上げた






一時の平和が訪れる


が、しばらくすると人々は新たな武器を作り、手にして争いを始めようとする


それを目の当たりにし今度は人の持つ知識と、言葉を取り上げたのではないだろうか。



言葉を失い、知識も文明も失った人々は失うものが何もなくなり争う事を止めたという


また、一時の平和である

※この話は作り話です。




五つある内の少なくとも三つ、幌金縄、七星剣、紅葫蘆は言霊を縛るくらいなのだから、六道仙人の遺した宝具は対人用なのだと私は考えている。

前記事で書いた、琥珀の浄瓶も西遊記では返事をした相手を吸い込む宝具だったと書き記されている。人間以外に名前を呼ばれて返事を返す生き物を私は知りません。



六道仙人の身体に封印されたもの‥尾獣とは、言いかえるなら世に蔓延している人間の憎しみや痛みの塊、そのものだと言えないだろうか?(NARUTO 巻ノ53 55~56頁)



忍僧が自身に封じ込めたものを何故、世に放ったりしたのか現時点ではわからないけど
憎しみのない世界を成し得る事ができるのなら、知らないうちに尾獣達は自然と消滅してしまうのかもしれない






あ!金角が尾獣化(尾は六本)しましたね~九尾に喰われたってーのも眉唾ものですが、
前記事でもちょこっと書きましたが、九尾(さん←?)がお母さんで、金銀兄弟には九尾の子供達が封印されて人柱力化いるのかも‥‥

ま、小物には興味ありません。(ホントはわからないだけ(笑))






そんな事より、角頭様が見れたのは嬉しかった!ま~ご健在で♪なによりです


在りし日の角頭様よりも俄然、イキイキとしているように見えますけど‥


気のせいかしら
関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。