NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ ゼツ【亥】指輪と九字護身法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼツ【亥】指輪と九字護身法


九つの指輪にそれぞれに刻まれた青・白・朱・亥・空・南・北・三・玉の漢字を陰陽道でいうと、青龍、白虎、朱雀、玄武、勾陳、帝台、文王、三台、玉女といい、四世紀の中国「抱朴子(ほうぼくし)」という仙道書から由来している九字護身法でいうと、臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前にあたります。NARUTOファンブックの巻数にあてられているあの漢字はこれです


臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前という九字を唱えれば一切の魔を避けられると言われています。
ですが、護身法とは言っても身を守る為の方法ではなく、精神集中や自己暗示の為の精神安定の方法として、重要な任務に就く前や、敵地に侵入する前などに精神を統一し強烈な自己暗示をかけたり、心の不安や動揺を打ち消す為に用いられたとされています。



指輪の意味を、人柱力を封印する幻龍九封尽の封印術に術者が影響を受けないようにする為の護身と考えたりしても面白いかもしれません。






幻龍九封尽ではありませんが、半蔵に騙し討ちに合った場面で、長門が口寄した外道魔像の口から同じ姿形の龍のチャクラ=幻龍?が出現しましたよね





その龍=幻龍に触れただけで魂を吸い取られあの世行きでしたからね



ゼツが「こう人数が少ないと時間がかかるね」(NARUTO 巻ノ四十五 125頁)とぼやいていたように、人数が少なければ(指輪の数も少ないので)術者を保護する護身の効果も弱くなるのかもしれません。



指輪の割り当ては

零(----) ペイン
青(青龍) デイダラ
白(白虎) 小南
朱(朱雀) イタチ
亥(玄武) ゼツ
空(空陳) 大蛇丸
南(南斗) 鬼鮫
北(北斗) 角都
三(三台) 飛段
玉(玉女) サソリ→トビ

と、それぞれ上手く配分、設定してあるので順番に紹介しますね♪





ゼツ
出身/不明 年齢/不明
尾獣捕獲/不明

■指輪/

■陰陽五行、風水、方位学/玄武

■九字護身法/

■仏名/不動明王

動かない守護本尊、不動、無動尊として五大明王の中尊(リーダー格)で魔を調伏する霊験あらたかな存在で欲しいものを手に入れる、玉の輿など経済的な御利益もあるとされる。

右眼を見開き左眼をすがめる、あるいは右眼で天、左眼で地を睨む天地眼、右の牙を上方、左の牙を下方に向けて出す牙上下出という【左右非対称の姿】が今に伝えられています。


■九星九宮気学/四緑木星
木の性質を兼ね備え(白ゼツ/柱間の力)、緑生い茂る成熟完成した樹木で従順な意味を持ち
、変化にうまく適応していけば発展進展します。






左半身に融合している白ゼツは、割と楽観的で軽々しい印象を持ちますが、右半身に融合している黒ゼツは対象的に重苦しい雰囲気で、流暢に話す左半身と比べると発言は片言で言葉少なです。見た目は一人なのに、別々に特化された能力がそれぞれ違う思考を持ちながら一つの身体に同梱されています。

これを脳の持つ機能、役割に準えて検証してみると、面白いん(≧~≦))ですよ、これが!

右脳は直感、創造性、空間認識、音楽、イメージ(映像)などの働きを担い、左脳は言語、論理的思考、計算処理などの働きを担っているということが分かりました。
人の脳は、右脳が活性化すると見たままを、そのまま覚えられる写真記憶や、他人が考えていることがわかるテレパシーなど、左脳では考えられない事ができたりします。
うまく性格づけしてあるし、なるほど!の割当てじゃないですか~岸本さんて凄いなあ><
不思議だな~って思ってましたけど、、、いや、まだまだ不思議ですけどねぇ(笑)録画機能が付いてたわけじゃなかったんですよ、この子!!わかります!?







まさか、陰陽遁の象徴的存在として一連の流れの中、大きな役割を担っているとは思いませんでした。
カブトに連れ去られては困ると手厚く保護しているのは、半身(黒ゼツ)にコピーの利かない、したくないトビ(マダラ)にとって自分の大切な身内(同じ時代を生きたうちは一族)を使用している可能性も考えられます。

白ゼツが柱間の力を表すのであれば黒ゼツはうちはの力‥‥自然とそうなります。


私は、うちは一族のトビとゼツが、うちはマダラを担いで騒ぎを起こしてるのかな~なんて考えたりして一日を面白おかしくすごす変わった子です(>_<)
トビとゼツ、この二人を見ていると3つの人格が有ることに気づきます。
※“かわいい後輩トビ”は演じているということでカウントしてません。

細胞培養した柱間は外道魔像に融合、細胞培養したうちはマダラを自分の身体に、、なんてのも面白いですよねぇ







万華鏡写輪眼や天照以上にレアリティの高い須佐能乎という万華鏡写輪眼のみに付帯される特殊な瞳術をマダラ(トビ)程ではありませんが、知っています。








うちは史の中でも、そうそうお目にかかれる代物では無いはずですからね。


しかも戦闘タイプではない、という事なので融合させるにあたって何らかの負荷、若しくは制限が掛かっているのかもしれませんね。例えば、柱間の力を細胞培養したとはいえ、本来の柱間が持つ力よりも小さく、陽遁を発動させていられる時間、大きさに制限があるとするならば、バランスの均衡を保つ為に陰遁側である黒ゼツの力を制限する必要も生じてくるのでは?と考えられます。

分かりやすく書くと、陰と陽のバランス、身体とチャクラのバランス、ダメージの無い強い身体であってもチャクラ量が少なかったら上手く術は発動しません。又は、その逆でチャクラの量が沢山あっても身体がそのチャクラに見合わない弱い身体なら、やはりこれも上手く術を発動させるのは難しいはずです。‥チャクラ量が少ない忍が多量にチャクラを消費する忍術を使用すると、寝込んだり命をおとしてしまう‥やっぱバランスは大事なんですYO...(。ゝω・。)



鬼鮫さんが命を懸けて繋いだ未来は、誰かに強制されたものでは無かったよね?

彼も鬼鮫さんと同じく、うちはマダラ(トビ)の謳う世界に憧れ、胸を熱くしているのかな~‥‥多分そうだと思うんだ。


関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。