NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 536話 ナルト戦場へ…!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

536話 ナルト戦場へ…!!

『……生意気な奴だ……お前の持つ戦力を確認してから作戦を確認してから作戦を練り直す』(NARUTO 巻ノ五十二 124頁)


その時点で、九尾チャクラを持つ金銀兄弟を確認し“代用品”の外道魔像への封印までの絵を描いていたはずですから、
九尾チャクラをもつ、金銀兄弟の魂が穢土転生の影響力が及ばない封印空間へ隔離できたことは、計算外であったと同時に、最高のお膳立てだったはずです。

シカマル‥暁ロックオン!?

出世はやそうだね♪



トビが二の足を踏んでいたのも、紅葫蘆と琥珀の浄瓶に封印された“代用品”の存在が絶対ではないという事が大きかったと思う。
カブトが術(穢土転生)を解いた途端に、金銀兄弟の九尾チャクラを帯びた身体も霧散してしまう背景があったからなのかな、と考えると合点がいきます。


そういえば、ご丁寧に穢土転生の影響力が及ばない条件を聞き出している場面もありましたねぇ(NARUTO 巻ノ五十五 113頁)‥‥マメなんだよね、トビは(笑)‥‥いや、マメなのは良いことなんだけど‥‥なんだかねぇ





外道魔像にコツコツと貯めた尾獣チャクラを大きく取り崩し、カブトに掻き回されるままに争いの裾野を拡大させて、トビは何を思っているのだろう....

蟠りも争いもない、全てが統一された世界を目指すのではなかったのだろうか?

今までに失った多くの仲間の事をトビはどう思っているのかな


小南を前にして吐き捨てた『本当の平和など無い!希望など有りはしない!長門はナルトを信じる事で哀れだった自分を慰めたかっただけだ』という言葉は本気だったね。哀れだった自分に重ねているようにしか思えない。
憎しみは、憎しみだけでは成り立たないはずだから、その前に何かあったと思うんだ。




だから、ナルトはトビを倒しては駄目だ‥六道の力には、一度勝利している。難しいだろうけど、長門を救ったように助けてあげてほしい

でなかったら、第二、第三のトビは必ず現れると思う

痛みも、憎しみも、悲しみも全てを抱き込み、求めず、省みず、その身を削り、与え続け、名前のない存在になってしまった忍達の為にも




あ!あと、ナルト!紙くうな(゜▽゜)
関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。