NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 554話 螺旋手裏剣の限界… ! !

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

554話 螺旋手裏剣の限界… ! !

風遁螺旋手裏剣は五大性質変化の優劣性から考えると雷の性質変化には攻守共に有効なはず‥

三代目雷影のセリフ、548話「土遁の忍を前列に置きワシを攻めたてろ ! ! 」とありますが、土遁ではなく風遁の間違いではないかなと思います。
これでは、ワシには効き目のない土遁でどんどん攻めて来なさい、といっているも同じですし、土遁の盾では防御も儘なりません。
三代目雷影が性質変化の相生相剋を越えた強さを持っているのは理解できますが、アドバイスをするなら、雷の性質変化には風の性質変化(盾矛)が最も有効なのではないでしょうか。
デイダラの土遁がうちはサスケ戦では、悉く決め手を欠き、通用しなかった事、土遁の性質変化を持つ角頭の硬質化した身体を楽々貫いたカカシの雷切りを参考にしても良いと思います。

に風遁使いのテマリがあてがわれているのは性質変化の優劣性を考慮しての事。
ドダイのセリフからも攻撃には風遁使いが有効であることは確認できますね。

ならば何故、風遁が通用しないのか、
基本通りに考えるならば、三代目雷影が風遁にたいして優位である、火の性質変化も持っているということが考えられます。


まあ‥意地わるく考えてみるなら、
三代目雷影の性質変化云々の話しではなく、塵芥で形成され細胞自体が存在しない穢土転生の器(身体)に、細胞(の破壊)を対象にした攻撃が利かないのは道理なんですけどね(笑)

何事も無く起き上がる様子は、デイダラの起爆粘土で粉々になったシンが再生し動きだす事と大差ありません。
三代目雷影だから利かない、通用しないのではなくて、木っ端微塵にされても再生し動き出す穢土転生の忍には、端から通用しないんです。
影縫いで縛り、包帯で巻いて、札を貼る、螺旋手裏剣なんか出さなくても、それで充分なのです♪






先週までの胸熱ストーリー展開を前にして、地味さは隠せないところですが、ドダイ氏の胸の内を考えると、とても切ない気持ちになるkirin φ(..)λ≡でした。
こらっ!カブっ ! ! 今イタチ兄さんが入纏垂手しに行くからね!


ではまた




関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。