NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 角都【北】指輪と九字護身法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角都【北】指輪と九字護身法


九つの指輪にそれぞれに刻まれた青・白・朱・亥・空・南・北・三・玉の漢字を陰陽道でいうと、青龍、白虎、朱雀、玄武、勾陳、帝台、文王、三台、玉女といい、四世紀の中国「抱朴子(ほうぼくし)」という仙道書から由来している九字護身法でいうと、臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前にあたります。NARUTOファンブックの巻数にあてられているあの漢字はこれです


臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前という九字を唱えれば一切の魔を避けられると言われています。
ですが、護身法とは言っても身を守る為の方法ではなく、精神集中や自己暗示の為の精神安定の方法として、重要な任務に就く前や、敵地に侵入する前などに精神を統一し強烈な自己暗示をかけたり、心の不安や動揺を打ち消す為に用いられたとされています。



指輪の意味を、人柱力を封印する幻龍九封尽の封印術に術者が影響を受けないようにする為の護身と考えたりしても面白いかもしれません。









幻龍九封尽ではありませんが、半蔵に騙し討ちに合った場面で、長門が口寄した外道魔像の口から同じ姿形の龍のチャクラ=幻龍?が出現しましたよね





その龍=幻龍に触れただけで魂を吸い取られあの世行きでしたからね



ゼツが「こう人数が少ないと時間がかかるね」(NARUTO 巻ノ四十五 125頁)とぼやいていたように、人数が少なければ(指輪の数も少ないので)術者を保護する護身の効果も弱くなるのかもしれません。



指輪の割り当ては

零(----) ペイン
青(青龍) デイダラ
白(白虎) 小南
朱(朱雀) イタチ
亥(玄武) ゼツ
空(空陳) 大蛇丸
南(南斗) 鬼鮫
北(北斗) 角都
三(三台) 飛段
玉(玉女) サソリ→トビ

と、それぞれ上手く配分、設定してあるので順番に紹介しますね♪




□角都
出身/滝隠れ 年齢/91歳
尾獣捕獲/二尾

■指輪/北

■陰陽五行、風水、方位学/北斗

■九字護身法/列

■仏名/阿弥陀如来
無限に十方世界を光で照らすことから無量光如来ともいわれ、念仏を唱える民衆を救う西方極楽浄土の教主とされています。
寿命が無限であることから、無量寿如来とも伝えられています。

■九星九宮気学/七赤金星
金の性質を兼ね備えています。
精錬された金属を表し、金銭財運に福徳のある星で、衣食住に恵まれています。


角都が悠久の時を歩むに至ったきっかけは、各国に忍里が築かれし黎明期に遡る・・・

滝隠れの精鋭として、火影暗殺任務に 挑みし角都は木遁秘術の前に敗れ去る


絶命の危機を迎えながらも帰郷した先に待ち受けていたのは、任務失敗の汚名と重罰

里がために身命を賭した忍への酷なる仕打ちに、激しい憎悪を抱き、角都は脱獄する

里の至宝とされし禁術を奪い、里の上役の心臓を悉く奪って〔者の書/57頁





この時、角都は身体から精神が解離し、見た目には生きていても、一度死んだのだと私は思います。
我を忘れて、里の上層部を相手に殺戮に走る‥‥憎悪に身を委ねたまま、生きながらにして輪廻の循環をさまよい、外道へと堕ちてしまった。
うちはサスケと何処か似ている気がします。



五つの心臓を体内に宿し、五大性質全ての術を操る実力者。
柱間と対戦した経歴を持つ、()現役最高齢の91歳!

使用する術の名が、遊び心があってお洒落なんです。(注・角都ファン)

火遁/頭刻苦(ズコック=ズゴック)

風遁/圧害(アッガイ)

雷遁/偽暗(ギアン=ギャン)

土遁/土矛(ドム)

水遁/カカシの雷遁で、そうそうに仕留められてしまい出番はありませんでしたが、もしも披露する機会があったなら、俗苦(ゾック)なんてのはいかがですかね~





トラブると殺意が抑え切れなくなる‥とは言っていますが、普段はいたって冷静沈着、極めて理性的です。


人柱力は“生け捕りに”という鉄則を忘れ‥?、ナルトの心臓を奪おうとしたこともありましたが、それも見方を変えれば、真剣勝負の中で相手に対して手を抜く事を良しとしない、彼の信念なのかもしれません。



ただの殺人鬼ではなく、忠義を重んじる武士のような気概、それらは者の書で公開されている彼の過去からも、窺い知る事ができます。

お金だけじゃないんだと思います。





『五大性質全ての術を操る実力者』

対戦した相手の心臓と性質変化を一度に奪い、自身に取り込み、我が物にする術、禁術、地怨虞(ジオング)を駆使して、一人では本来有り得えない性質変化五通り全てを操ることができる。



さらに、心臓を失ったとしても、新しい心臓を補充し続ければ、寿命はいくらでも伸ばせる‥とあれば‥もう、トビ(マダラ)も興味津々、一目置く存在だったというのも、分かる気がします。



角都が、膨大な時間を生きながらえ、手にしたかった“もの”ってなんだろう

その際に、人の命を奪ってまで?‥とは(誰も)いいますまい

彼らが失ってきたものの大きさなんて(誰も)わからない、だって、その立場に立ったことはないから‥

闇の中にいるから光りを感じる事ができる、というのなら、憎しみと背中合わせのはずだった失った愛情を、彼は自分の中の何処かに、まだ、感じているはず‥‥
彼には彼の信じた正義があった、いや、まだあると、私は信じてみたいと思うのだ

これは大蛇丸にも言えるし、薬師カブトにも言える事である

彼らに、ちょっと共感し難いなら(笑)、輪廻眼天道(長門)や、うちはサスケを思い浮かべるといいんじゃない?かな。


関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。