NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 565話 人柱力 VS 人柱力 ! !

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

565話 人柱力 VS 人柱力 ! !

穢土転生でよみがえった後に、再び人柱力にされて‥‥?

痛めつけて無理やり誘拐し、尾獣を抜きとる為に命まで奪ったというのに、
少し前に抜いたばかりの尾獣を封印し直して再度、人柱力にするとは‥‥
彼らが死んだ意味なんて、もともと無いも同然なのかもしれないけれど、あんまりです。


月の眼計画を成功させる為に、手段を選ぶ事なく憑かれたように突き進むかと思えば、無駄な失敗を繰り返す矛盾、、、遠回りばかりしているように見えるのだけれど、何か迷いでもあるのだろうか?

諦めて、絶望して、何も信じる事ができなくなって‥仕方ないですよね、
そんな世の中に生きているのですから。
諦めたっていいと思います。

でも、だからといって周りの人々を巻き込んで、生きている者だけでなく、死んだ者まで痛みや憎しみで縛りあげたりしていたら‥‥、やっただけ説得力は目減りしてゆき、虚しくはならないのだろうか。
生きる者を救うどころか、亡くなった者まで苦しめたりしているのに、“わだかまりも争いも無い世界”がどうこう言われたって、信じてついてゆく訳にはいきません。小南にもフラれるわけです。



“目の上の瘤”だなんて、随分と意識している、うちはイタチは、生きる者を救うだけに留まらず、死んだ者(長門の魂)の魂まで救ってみせました。
本当に彼には驚かされてばかりです。
とうに肉体は滅び、魂の存在になってしまったというのに。




わだかまりも争いも無い世界を目指しているのであれば、イタチのような生き様(死に様?)を真似てみたいものですねぇ、トビ。



そう‥長門だけでなく、先に封印された大蛇丸だって、もしかしたらイタチに救われた一人なのかもって私は考えています。
大蛇丸はもともとの肉体を持たない魂のような存在でしたからね。長門の魂と同じようにイタチ入纏垂手です。
(魂だから何をやっても殺せなかったんですねぇ、書いてみて気がついた)

こんな世界でも、弟が生き抜いてこれたのは、大蛇丸の存在があったからだとイタチは感じていたのかもしれません。
まあ、サスケのオモリ役をするよう仕向けたイタチの術中に、大蛇丸がおちていただけ、という見方もあるのだけれど、多分イタチなりに感謝。

六道輪廻の循環から抜けだせなくなってしまったトビのようになる前に、大蛇丸の魂に入纏垂手したんです。

今頃、憎しみや痛みと隔絶された世界で、すっかり冷静になって、自分を取り戻しているかもしれませんね。(笑)

後々、カブトを入纏垂手するイタチをサポートしてくれたりなんかしたら素敵!!なんだけどね


※入纏垂手=垂れ込める救いの手の意





ユギトの胸元がクローズアップ。。
彼らを手足としか思っていない存在な気持ちが、心臓を貫くように突きたてられた受信機にあらわれています。
両目には写輪眼と輪廻眼‥雁字搦めじゃないですか。
呪札や制御棒(受信機)、幻術で支配していなければ意のままに動かす事もできないなんて、哀しい似非救世主





この人柱力達には、長門や小南の元に存在していた、元々は遺体である輪廻眼六道の者達とは違い、穢土転生の術によって一人ひとりに魂が宿っています。



生前の記憶が予め備わっている為、生きていた時の状態とほとんど変わらず、血も流すし、心配事でいっぱいになって涙まで流します。
漂う毒に反応する嗅覚があるなら、都合よく触覚(温かいと感じたり痛みを感じたり)が無いとは思えません。

呪札と受信機で縛り上げられてはいても意識も心もある。苦しんでいるはずです。


不安や心配事があって流す涙には、欠伸をしたり笑った時に流す涙には含まれない、脳から分泌されるストレス物質が含まれているといいます。
泣くことによってストレス物質を涙と一緒に体外に追い出すことができるから、泣いた後ってスッキリするんです。
脳の機能が働いている事が分かります。造りものじゃなくて、生きているんです。

受信機で自分以外の複数をリンクさせて操るという部分は一緒でも、
長門とトビの平和な世の中への考え方と同じ位、術の見せる顔には違いがある。同じ術なようであって同じ術ではない。





捕獲された遺体(初代畜生道)を回収に向かう、人間道を使って畜生道ちゃんを螺旋丸手裏剣から守る、バラバラになった修羅道を何度も再生したり、
いろいろとありましたが気持ちの上で“使い捨て”に思う場面はありません。
輪廻眼地獄道の術で自分自身を再生させる事もできたはずなのに、痛みや憎しみを共に背負い、信じた平和の世を目指して戦った“仲間”でした。








‥六道輪廻の連鎖も、穢土転生の呪いも、ひとふりで断ち切ってしまうイタチの須佐能乎が持つ、十拳の剣でもあればすべては簡単なのでしょうけれど、

いつまでも頼る訳にはいかないですよね。

いきなりの難関!
ナルトはどう決着つけるのかな?

まあ、なんといっても、あのイタチや長門、自来也が見込んだ忍ですから

安心して良いと思います








八尾がナルトの話を理解し流暢に会話する様は、まるで普通の人間のようで‥‥な~んか可笑しくなりますね♪
負けてない?大丈夫??ビー(笑)
関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。