NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 弥生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生



エビス   3月8日
テンテン  3月9日
タイセキ  3月10日(カカシ外伝)
干柿鬼鮫  3月18日
森乃イビキ 3月20日
日向ハナビ 3月27日
春野サクラ 3月28日
風影    3月29日(我愛羅父)



弥生とは、陰暦で三月のことを言います。


【弥生の語源・由来】

弥(いや)は、いよいよ、ますます、をあらわしています。

生(おい)は“生い茂る”というふうに使われたりします。

草木が芽吹くことを意味しているんですね。

草木がだんだんに芽吹く月を弥(いや)生(おい)が、やよいと転じ、呼ばれるようになったと伝えられています。






定期更新を終了いたします(ゝω・` )
と言いましても、最近、書いてませんでしたから、なにをいまさら…ですよね

見に来てくださる皆さま、すみませんでした。

すべての訪問に感謝感激しておりますkirin φ(..)λ≡ですがっ!!
、ナルトといったら憎しみや痛みばかりで、もうお腹いっぱいで‥くらく切ない気持ちになるばかりですから、いったんしめます。締める?閉める?しめる?←あえて平仮名で。





いいえ、そんな事はどうでも良くて!

ついに“イタチの無実”が、ふりやまない雨的に認定‥‥ということで、気持ちが抜けたのかな~

私の中で、ふりやまない雨が、ふりやみはじめているのかもしれません




『お前が正しい道を歩いて行くことを願っていたのに…』




…まさか…お前までコレを使えるようになっているとはな



ナルトを殺さなければ手に入らないと
信じこませた万華鏡写輪眼を
形はどうであれ、サスケ自身の考えでとどまらせたイタチの“立て札”は大成功だったでしょ?

立て札どおりに道をさ迷い歩いた事が自らの研鑽の積み重ねにつながる

イタチの立て札システムはすばらしい!

サスケは、万華鏡写輪眼を諦め、写輪眼とは関係のない麒麟という凄まじい忍術を完成させてイタチのもとへ‥




本当に強くなったな‥』

これは、お世辞や冗談じゃないんだよ‥イタチはそんな事言わない。


そこで憎しみは終わるはずだった。


『お前が正しい道を歩いて行くことを願っていたのに…』

両親やの殺害や、一族の虐殺というフィルターを通して願うものでもないしね。



イタチは、サスケに憎しみや痛み、万華鏡写輪眼を求めていたわけではなかった。
サスケが万華鏡写輪眼を開眼できるなんて思っていなかった。





おそらく、うちは事件はイタチが未然に防ごうとして防げなかったもの
サスケを救うだけで精一杯だったんだろう。

うちはの愚考……うちは一族は主権奪回を目論見たけれどダンゾウ達(木ノ葉の暗部)に返り討ちされてしまった‥という辺りではないのかな‥

トビが、うちは一族と木ノ葉の暗部、ダンゾウ達それぞれに上手く立ち回り、皆が皆、疑心暗鬼の中で巻きおこったトビ一人に踊らされた“木ノ葉事件”だったのかもしれないしね


自業自得だった(に見せかけられた)うちは事件への憎しみ、木ノ葉の里が憎しみに飲み込まれないようにイタチが背負ったんだよね。
サスケの為だけじゃない。
結果的に、里は大きな内乱の危機を乗り越え、大国として安定、成長する事に成功している


イタチが亡くなって、そこでサスケの憎しみも終わるはずだったのに、
トビに立て札を悪戯されて、サスケの憎しみは木ノ葉へ向いてしまった。



サスケの心の痛み、苦しみも結局は分かってあげられなかった。
一生懸命にイタチを追いかける少年のような君をみて、悪魔でもなんでもないんだなと今更気付かされた。
ん~ただ、ただ反省。何が考察なのか‥




私が尊敬して止まない、まっこさん(maccoGLさん)の作成した手描き動画に山崎まさよしさんの“One more time One more chance”の歌を背景に展開するイタチとサスケの素敵な動画がある

もしお時間をいただけるなら、是非とも見てほしい。今の話しと自然とリンクして気持ちがおちつくから。



※まっこさんにリンクの許可は得ておりますが、この文章内に直接とべるURLは表示しておりません。
ふりやまない雨のリンク(ようこそ!という欄の)
☆☆あ~と おぶ まっこ
の下に表示されている

★★maccoGL [YouTube]:あ~と おぶ まっこ

から訪問して下さい。

※訪問した際はルール、マナーを守り絶対に迷惑をかけてはいけません。くれぐれもお願いいたします。ペコリ!

※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。
※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.



これ以上何を失えば
心は許されるの
どれ程の痛みならば

もういちど君に会える
One more time 季節ようつろわないで
One more time ふざけあった時間よ

くいちがう時はいつも
僕が先に折れたね
わがままな性格が
なおさら愛しくさせた
One more chance 記憶に足を取られて One more chance 次の場所を選べない

いつでも捜しているよ
どっかに君の姿を
向いのホーム
路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに
願いがもしも叶うなら
今すぐ君のもとへ
できないことはもう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ











あっ!それと、ずっと書こうと思っていたのですが、
去年の震災から半年、一年と経ちまして、一度途絶えてしまった宮城や仙台、岩手方面からの訪問がちょこっとづつ目立つようになってきたりなんかして嬉しかったりします。
思わずやったね!って思います。
人って強い。人の意思は簡単には消せない、自然災害ごときには負けない。



では!2012.3.21 kirin φ(..)λ≡
関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。