NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 584話 薬師カブト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

584話 薬師カブト

何も訓練をうけていない一般人を騙すのとは訳が違うと思う。

情報操作なんてお手のもの、
かって知ったるお家芸じゃない。

各国を渡り歩き、特殊任務をこなした情報収集のエリートが、
自分の眼で見て、耳で聞いたものではない、他人から得た情報(写真だけ‥汗)を疑いもなく信じてしまう‥という話しが実に信じがたい。

視力が弱いから敵味方の判断がつかない‥なんて言っていたら、敵地潜入なんてとてもできるものではないし、
歩き巫女だなんて通り名を馳せる事なく仏様になってたんじゃないかな


そもそも、大蛇丸の話自体が私には怪しくて仕方がない。



木ノ葉の里(ダンゾウ)に対する激しい憎しみや恨みを抱き、冷静さを欠いたカブトは簡単に大蛇丸の術中におちる。(ダンゾウを悪役に仕立てる流れもそろそろ飽きてきた(笑)んですけど。


サスケをおとす為に“イタチの真実”を騙ったトビと似ている‥と私は思うんだよね。

自分を犠牲にしてカブトを生かしたノノウは、まるでサスケの為に自分を犠牲にしたイタチのようでもある






ここでイタチと同じように自分を見失わず、ぐっと堪えて連鎖を塞き止め、
マザーの意思を受け継ぐ為に道を選択できるのなら素敵だったけれど、

誰しもイタチのように振る舞えるわけではなく、カブトやサスケ、長門‥多分、大蛇丸やトビも



それは無理というもの。

大切な事を確かめる余裕はなく、憎しみを着せられた心は深い闇へ逃げてゆく。

イタチの意思を継がなかった、継ぐことができなかったサスケの心の流れを理解する事ができる。





大蛇丸の言うように、ダンゾウが利用価値無しと判断し、始末を命じたのなら、うちはやうずまき‥六道仙人系の血はひいていないと思うのだけれど‥‥
この時点のカブトに対して大蛇丸がどのような価値を見いだしていたのかがちょっと分からないんですよね。

綱手がカブトの医療忍術のセンスを全盛期の自分以上だなんて言ってたけど、それは随分後の話だからな~


あと輸血シーン、いつもの検証癖で調べてみたら、キチンと辻褄あってて思わず笑ってしまった
(時間のあるときに書いてみます)

一体いつから考えてたんだろう岸本先生、適当に血液型きめてたわけじゃなかったのね(驚)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【584話 薬師カブト】

何も訓練をうけていない一般人を騙すのとは訳が違うと思う。情報操作なんてお手のもの、かって知ったるお家芸じゃない。各国を渡り歩き、特殊任務をこなした情報収集のエリートが、自分の眼で見て、耳で聞いたものではない、他人から得た情報(写真だけ‥汗)を疑いもなく...
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。