NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 589話 穢土転生の術・解

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

589話 穢土転生の術・解

須佐能乎の身体を被い始めたものは、
天狗の中でも最も強力な神通力を持つといわれる、禍々しい大天狗の姿。



サスケやイタチの須佐能乎を被う小天狗(烏天狗、木ノ葉天狗といった鳥の造形を持つ天狗)の姿とは違い、驕り高ぶった傲慢な心を象徴する長く伸びた大きな鼻に特徴があります。

何度でも再生する身体に、永遠の万華鏡写輪眼、輪廻眼六道の術、空をおおうような巨大な隕石落としに、桁違いの規模の木遁、多重木分身に、森羅万象を破壊するという剣を手にした須佐能乎の完成体・・・そんなに必要?って思う。

尾獣に匹敵する破壊力だ!と自画自賛したりなんかして微妙に滑稽。
ずるいし、口数多すぎ(笑)





でも時々黙って、物憂げな視線をなげかける。

五影やオオノキの話を聞いて………って場面は何を思う?

ギラギラした憎しみや怒りを感じさせるトビの眼と違って、マダラの眼は哀しさや寂しさのようなものを感じるんだよね。
まるで、弥彦のように。


月の眼計画の完遂が目的ならば、五影と遊んでいても何も変わらないし、

さっさとトビと合流して、八尾と九尾を捕獲してしまえば、無限月読の力で、五影も含めてまとめて片付けてしまえるのに、
そこまで気前よく自己紹介しなくてもって位、念入りなのは何故?




・・・黄泉がえってみたら五つの大国、五影が協力している

憎しみも蟠りもない時代の到来を予感して、彼なりに見極め中?
月の眼計画の発動は、必要なのか…
と、実は思い悩むマダラ


なんて、ついつい良い方向に考えてしまいがちなんだけれどね


イタチさんやサスケの誇りある先人であってもらいたい。・・・という望みは捨てないでおこうと思う。






一生懸命、自分の気持ちを吐き出しているサスケに背を向けたまま『お前を変えられるのはもうオレじゃない』なんて言い、突き放して、結局説明しないままイタチはいってしまうのだろうか?

うちは一族にもやれる事はあったと思うけれど、トビやダンゾウの言っていたとおりなら、木ノ葉なんてサスケの手で解体されてしまえばいいと思う。

輪廻眼天道 弥彦(長門)の言っていた
事がつくづくその通りだと、あらためて感じた話でした。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【589話 穢土転生の術・解】

須佐能乎の身体を被い始めたものは、天狗の中でも最も強力な神通力を持つといわれる、禍々しい大天狗の姿。サスケやイタチの須佐能乎を被う小天狗(烏天狗、木ノ葉天狗といった鳥の...
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。