NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 490話 九尾の真実 一 ~unforgiven

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

490話 九尾の真実 一 ~unforgiven

20100413163229
マダラ「…‥…手を組みたいだと…お前と組んでオレに何の得がある?」

薬師「近々戦争を起こすそうだねその戦力の提供しようって事さここにある イタチ サソリ デイダラ 角都 そして…長門どれも強者揃いだ…それに…ボクの持ってる駒はこれだけじゃない

マダラ「見返りは?」
薬師「うちはサスケ……」
マダラ「……何を企んでる?」
薬師「…別に何も…ボクの興味は忍術の純粋な心理 その探求のためにはサスケくんが必要なだけ 生きた若くて繊細なうちはの人間が欲しいィ」
 
全ての術を手に入れこの世の心理を全て理解する…
 
ありとあらゆる全ての術を…そして心理をこの手に入れる為には長い長い時間が必要でね…
(NARUTO 巻ノ十四 74頁―大蛇丸)
 
一見、大蛇丸の意思を継いでいるのかと思いきや大蛇丸と比べるとつまらなくて、忍術の純粋な心理???意味も通じません。
忍術に純粋や不純といった定義はあるのでしょうか?
ま、薬師の存在そのものが不純ではありますが
前に大蛇丸が口にしていた台詞をうろ覚えで適当に喋っているような印象で、言葉に重みがなく、さも得意げに話すその様子が軽さに拍車をかけます。
しかし残念ながら、この薬師という男、少々厄介な人物となるかも知れません。
いろいろと推察していく内に結構な設定をあてがっている事が見えてきました。
 
薬師如来の像容に、日光・月光菩薩を脇侍として、その周りには十二神将を従えます。という一文があります。
十二神将とは薬師如来および薬師経を信仰する者を守護するとされる十二の武神の事です
 
■宮毘羅大将■長門
くびら
弥勒菩薩 
宮毘羅様の守護神として大天狗の伝説があります
 
■伐折羅大将 
ばさら
勢至菩薩 
 
■迷企羅大将■角都
めきら 
阿弥陀如来 
 
■安底羅大将
あんていら
観音菩薩 
 
■羅大将■うちはイタチ
あにら
如意輪観音 
 
■珊底羅大将
さんていら
虚空蔵菩薩 
 
■因達羅大将
いんだら
地蔵菩薩 
 
■波夷羅大将■サソリ 
はいら 
文殊菩薩 
 
■摩虎羅大将
まこら
大威徳明王 
 
■真達羅大将 
しんだら
普賢菩薩 
 
■招杜羅大将
しょうとら
大日如来 
戌神
 
■毘羯羅大将 
びから
釈迦如来 
亥神
 
デイダラは十二神将の枠には入りませんが同じように仏教に伝わる十二天、毘沙門天として薬師如来との関連が確認できます。
※十二天将ではありません。
 
 
マダラ「…………断ると言ったら?」
カブト「………」(口寄せ 穢土転生!!)
更に柩が一つ地面から競りだす
その柩の蓋が開くと……
マダラ「…!?こ…これは!!」
 
薬師「ボクが何の手札もなく君に会いにくるとでも?…そう……君は断れない!」
 
マダラ「キサマ…それをどこで手に入れた!?」
それをどこで手に入れた?
 
穢土転生により現れる柩の中にある黄泉がえった遺体?は呼び寄せた魂をこの世に留める為に塵芥(ちりあくた)で覆われた生きた人の体(生贄)です。
どこで手に入れた?とはその魂をどこで手に入れた?
と聞いているのでしょうか??
いいえ、魂をどこで手に入れた?と聞く馬鹿はいません。
要するにマダラのいう“それ”は現世も黄泉も含めたこの世界に存在しないと仮定、若しくは考えていた存在、なのではないでしょうか、例えば<六道仙人>とかね。
いや、ちょっと捻くれた私ですから…いや、直球で、うちはマダラじゃないか?と思う自分も居るにはいるのですが、まっすぐな考え方は余り好きでなくて‥‥すみません!
 
 
薬師「色々とね……安心していいよ これは誰にも喋ってない」
喋られて困るなら、やっぱり柩の中はマダラなのかな~
マダラ「……フッ…フフフ…」
 
薬師「何かおかしいことでも?」
 
マダラ「薬師カブト お前がここまでの器になるとはな…思ってもみなかった…今お前と揉めてもこちらの戦力が低下するだけ…この機を狙ってここへ来るとは…用意周到な奴だ」
 
薬師「という事は?」
 
マダラ「いいだろう手を組んでやる…ただしサスケを渡すのは戦争の成果を上げてからだ…それまではサスケには会わせない
それから監視も付けさせてもらう」
薬師「物分かりのいい方だ さすがは うちはマダラ…器が違う」
 
マダラ「…生意気な奴だ……お前の持つ戦力を確認してから作戦を練り直す…ついてこい」
 
薬師、ニヤリ!口元を緩める
薬師も素直にマダラが約束を守るとは思ってないはずです、
ま、二、三週見守りたいと思います。
 
 
 
※一度書き上げたこの前半、今日の朝一度全部消えまして…‥・・・・
 
 
関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。