NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 490話 九尾の真実 二

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

490話 九尾の真実 二

20100413163403
場面変わり、滝隠れ付近アンコ小隊~薬師がわざわざ忍の遺体を放置していったのはどうのこうのなんやらかんやら~←orz
アンコ「カブトはわざと私達をここへ導いたのか? マダラのアジトを知らせるため…」
 
忍「しかし奴らが手をくんだとしたら何故」
アンコ「今はわからない…とにかくすぐにこの事を里へ知らせる
場面変わり、妙木山
フカサク「どうしたんなら!?はよ蔵入りの印を押せ!」
 
ゲロ寅「不安なんじゃなナルト……まあ無理もねーの」
 
フカサク「何なん?」
 
ゲロ寅「フカサク様…九尾の力ゆーのは九尾のチャクラと九尾の意志の二つが合わさって できとんじゃ 九尾の力をコントロールするゆー事は その九尾チャクラの方だけ引き出して自分のチャクラに変えて己の力にする事なんじゃ 九尾のチャクラを引きだしたら九尾の意志もついて来る
九尾の意志ってのは憎しみの塊で強い力でチャクラと結びついてくるんじゃ どんだけ自分を強く保っても 心のどこかにある憎しみと結びつこうとして心を乗っ取ってくる  九尾の力をコントロールするゆーんは九尾の意志と九尾のチャクラ…この二つを憎しみのない強い己の意志で完璧に分離する事を言うんじゃ
四代目は九尾封印の檻から ほんの少し漏れ出すチャクラの上澄みがナルトのチャクラに自然となるよう封印式を組んどった じゃがこの鍵を使えば四象封印を開け九尾のチャクラ全てを引き出せる…!」
ゲロ寅、台詞なげぇ‥‥入力するこっちの身にもな‥‥え、コホン
大体この辺りは前に書きましたので特に書くことはありません。
それよりも気になるのは蛙がなんでこんなにも詳しいのか、という事。以前からペラペラ予言云々胡散臭さを醸し出してます。
ナルトへ予言だといい伝える内容は蛸だの瞳に力を宿す少年だの<わざわざ>ぼやかすくせに、封印式やミナトが施した屍鬼封尽のメカニズム等々、驚くほど詳細事細かに網羅します。とてもなげぇ‥‥長い台詞で。
長門の時も自来也が死んでしまったというのにその事には触れず最後まで自画自賛、予言云々にこだわってましたね~
裏の顔があるんだよなこの蛙達、ミナト死なせて、←(屍鬼封尽や九尾の封印式に対する熟知度からいって関与はまず間違いありません)自来也死なせて、「誰じゃったかいの‥‥」なんて芝居がかった台詞吐いて次はナルトかよ
 
フカサク「ほんなら…九尾のチャクラ全てに九尾の意志が全てついてきて――」
ゲロ寅「その九尾の意志にナルトの意志が負けた時点で九尾が完全に復活する!!」
 
フカサク「………今まで鍵を開けた事はあるんかいな?」
 
ゲロ寅「実は四象封印が弱まりつつあって鍵を使って封印を閉めたんじゃが…
封印がゆるゆるでの…またいつ九尾化するかもわかんかった
そこで自来也は わざと鍵で封印をほんの少しの間開けて九尾の意志に対抗する力をつけさせコントロールさせようとしたんじゃ…」
ナルト「…確かに昔 大蛇丸とやった時は自分から九尾の力に頼って自分の意志を預ける事になっちまった サスケの事言われてカッとなっちまって… すぐにでも大蛇丸をやっつけたくてよ
そのせいでサクラちゃん傷つけて……ヤマト隊長は九尾のチャクラに頼るんじゃなくて自分の力で戦えって言った
人柱力を抑えるヤマト隊長に見守られての修行ならともかく 戦いでは憎しみの気持ちが常についてくっから だからもう九尾の力はいらねェと思った
それに自分の意志で九尾の意志を抑え込むなんてできるわけねーと思ってたし…
けどヒナタがペインにやられた時も…憎くてくやしくて…使わねーどころか…自分の心が勝手に九尾の意志と簡単につながっちまった今は四代目に封印を組みなおしてもらったから
そうですね~ミナトが何故、封印式を<<締め>>直したのかを考えなくてはね。
まだ安心だけど またいつ暴走するか分からねェ…………だけど…サスケと戦うためにゃ九尾のチャクラが必要だ
結局オレは九尾の人柱力だ本当はいつまでも逃げてらんねェ」
 
四代目(お前に九尾のチャクラを半分残して封印したのは この力を使いこなすと信じていたから だ…)
力を使い熟す
いろいろと取りようがありますが、九尾の力を使い敵を倒せと言っているのか?
憎しみの連鎖を断ち切る為に九尾を利用しつつ、上手く立ち回る事を期待しての言葉か?
前者ならば連鎖は収まらない、と私は思う。正義という名の憎しみが、憎しみを呼び、復讐が復讐を呼び寄せ‥‥
 
ナルト、蔵入りの印を押す
ナルト(うじうじしたって仕方ねーってばよ コントロール…キッチリやってやんぜ父ちゃん!)
 
 
場面変わり、雲隠れ戦争会議
ビー、ライム帳開き(韻<省略>
 
シー「敵の本陣…アジトが明確でないかぎり奇襲効果を上げるのは難しくなります
そこでまず偵察隊を編成します では――」
 
ビー(で<省略>
 
鬼鮫(これで雲隠れの大体の戦力は分かりましたね…八尾がバカで助かりました…)
 
ビー(ダ<省略>
シー「…とこのようにまとまります 雷影様…」
 
雷影「よし!三日後には忍連合軍の連合会議を開く!各里へ召集連絡だァ!!」
 
タコ探し…の前に戦争勃発!?
ビーうるさいから省略、それよりもイ‥‥イタチはどうした?
関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。