NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 今もどこかで傷付いてるあなたへ…☆あ~と おぶ まっこ☆より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今もどこかで傷付いてるあなたへ…☆あ~と おぶ まっこ☆より



その悲しみが深過ぎて、ただひたすら見守るしかない私を許して欲しい...


画像はまっこ様より使用許諾を頂戴しまして掲載しております。※複製、及び無断使用、二次加工など硬く禁じます。     ※Unapproved use, a copy, and secondary elaboration are strict prohibition.
☆あ~と おぶ まっこ☆
http://kanaliaay.blog54.fc2.com/
http://www.youtube.com/results?search_query=maccoGL&aq=f
Author:まっこ様
うちはイタチの画像を探していたら、この作品にたどり着きました。うちはイタチに対する想いの深い、自分の中で欠けていた最後の一片を見つけた思いです。
他にも想い溢れる美麗イラスト、ユーモアセンスたっぷり(オススメはサスケ!)の作品が目白押しの素敵blogです。
うちはイタチは言うに及ばず、火の意志を継ぐ者の告知ポスター…バージョンや思わずしんみりとしてしまう…さんの絵、兄さんと弟の…ショット満載です。
あ!イタチ好きらしいですよ!!


――――――――――――――――――――


うちはの歴史でも一、二を争う程の類を見ない瞳力を持つ彼の心の眼は、誰よりも深く闇に閉ざされていたように思えてなりません
常に高いレベルで、そつなく熟していたように見えても当の本人は葛藤と自己嫌悪の繰り返しだったのではないでしょうか。
最後まで感情を表にださず私の目の前から姿を消してしまった。



うちは虐殺の夜は満月でした...
(NARUTO 巻ノ十七 17頁、巻ノ二十五 137頁、巻ノ四十四 16頁)





イザナギとは別に任意のタイミングで身体を透過させて攻撃のダメージを一切受けないマダラの不思議な術は太陽の光、紫外線の恩恵があってなせる術だとの持論を私は持っています。
だとすると、太陽の昇らない夜はマダラにとっては不利な状況となるのでしょうか?
それとも、あの消えない夜に、うちはマダラは存在しなかった!?



ちょっと考えてみましょう...



[光の月と闇の太陽]

現在使われている太陽暦(新暦)は明治六年に誕生し使われるようになりましたが、それまでの日本では月の満ち欠けにより、月と日付を決定する太陰暦(旧暦)が使われていました。
旧暦では新月から次の新月までを一ヶ月とし、毎月一日を新月、新月から数えて十五日目、太陽と月が地球を挟んで一直線上に並ぶ夜を満月と定めていました。

ご存知のとおり、月は恒星ではないので自ら光を発することはありません。
私達の眼に映るあの美しい月の光は、月面に反射した沈んだ太陽の光なのです。


[見えない夜]


新月とは月が地球と太陽に挟まれる周期、地球から見て月の裏側が太陽の光に照らされるために、(月面の反射の向きは太陽側の為)地球から月が見えなくなる現象をいいます。
雲一つ無いのに月の見えない夜=暗闇を選んで暗殺が決行されたりもしました。昔は照明や街灯も普及/発達していなくて、夜が今のように明るくは有りませんから、月の見えない夜は闇に乗じて....ではありませんが、月末月初は暗殺ラッシュだったのです。
日本の内外を問わず暗殺の被害者は様々ですが、、、二・二六事件なんか習いましたよね?覚えてますか?



[消えない夜]


それとは逆に満月の夜は地球が月と太陽に挟まれる周期、地球から見て月の表面が沈んだ太陽の光に照らされるために、(月面の反射の向きは地球側の為)月のひかりは満ち溢れ、瞬いばかりの美しい光を放ちます。


即ち、暗殺には最も不向きな状況であるのです。明るくってもできない事はありませんがね..
わざわざ、眼の利く消えない(明るい)夜では暗殺も何もあったものではありません。


でも、不向きに思えるこの状況、移ろいゆく自然のその瞬間を捉えて暗躍する規格外がこの作品には存在しています....


任意のタイミングで身体を透過させて攻撃のダメージを一切受けない...仮面の忍、うちはマダラの事です。


摩利支天の発動に必要だとしている太陽光線(紫外線)なんですが、前述しましたとおりに、月の光は太陽光線の反射光という事になりますので、月は間接的に紫外線を含む光を発している事になります...と言っても、昼間の紫外線量と比べると夜間は相当少ない為、やはり摩利支天を発動するには不向きであると考えられます。
ですが、満月の夜ともなると事情は変わってくるのです。

光が地上に届かない見えない夜、新月とは状況が全く異なる太陽と地球と月が一直線上に並び地球を煌々と照らす消えない夜、満月の夜は月の一直線上に太陽がでており、太陽から紫外線を受ける月面の総面積が通常とは全く違う。即ち、地球に照射される紫外線量は別物だといえます。

満月と太陽に由来する摩利支天、月に封印されたと伝えられる十尾の身体、この組み合わせが彼の写輪眼に大きく特別な影響を及ぼすのではないか?

消えない夜に暗躍したのはうちはマダラであって、断じてうちはイタチではない。そう信じています。


人は誰もが


己の知識や認識に頼り


縛られ生きている


それを現実という名で読んでな


しかし、知識や認識とは曖昧なモノだ


その現実は幻かもしれない


人は皆、思い込みの中で生きている



そうは考えられないか?





今もどこかで傷付いてるあなたへ…へ寄せて2010.04.29 麒麟
REWRITE 2010.10.31

関連記事
スポンサーサイト
ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。