NARUTO ナルト ブログ・ふりやまないあめ 482話 もう一度… 近くにサスケがいる…起て、ナルト!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

482話 もう一度… 近くにサスケがいる…起て、ナルト!!

8b1037f9.jpg雪の降る街、場所は宿八

ナルト『うっ…』
起き上がるナルト
ヤマト『気がついたか』
ナルト『オレってば…?』
ヤマト『気絶したんだよ…心配かけてホント…』
我に返るナルト、
ナルト『カカシ先生とサイは?』
ヤマト『…………』


場面かわり

マダラ『オレはこいつの眼を持っていく サスケ…お前も焦らずアジトに帰って休め
瞳力の使いすぎだ… いずれ強がってはいられなくなるぞ 
……光を失いかけてるその眼
…一人で木の葉へ行って何ができる?
目的を達成させるには我慢も必要だ』


場面変わりナルト、
ヤマト『お前はボクと一緒に里へ帰る……カカシ先輩の命令だよ』
ナルト『…………』
ヤマト『!』
ナルト、ヤマトの言葉を意に介さず自分のポーチを取ろうと立ち上がる
ヤマト『フー…』
ヤマト、木遁の術でナルトを捕まえようとする
ヤマト『悪いけどサクラの事はカカシ先輩にまかせるんだ いいね!』
ナルト『………分かってる……もう少し休んだら里に帰るってばよ………』


場面変わり、サクラ一行
サイ『ダメだ…行かせない…忍法・超獣偽画』―5匹の蛇を造りだす
リー『ヘビで締め上げようっていう事ですね!』

キバ『カカシ先生の言う事も分かるが そう何度もサスケ野放しにできるかよ! オレがケリつけてやるぜ』
赤マル『クウ~~~~ン!』
キバ『何でだよ赤マル!びびってんじゃねーよ!!』

サイ『犬の方が賢いようだね

襲い掛かるキバ『るっせー!!!』
サクラ『行くよ リーさん!!』
リー『行くぞ いやー!!』
二人同時に飛び掛かる

キバ『こんなもん通牙で…!』
リー『ホイヤー!!』
サイ『!』(しまった!)

サイがキバ、リーと戦ってる隙にサクラ仕込み(眠り?)玉をまく
ボフ!!!

赤マル『ワン!ワン!』
辺り一帯煙だらけ

木の陰に隠れるサクラ
サクラ(皆…ごめんね)

キバ、よだれ垂らし『フヘエ』
リーもクリティカル!!
サイ『くっ…』(キバやリーさんごと…)

赤マル、スースー(飼い主同様) 
サクラ、立ち去る



サイの墨分身『やられました 急いでください!』
サイ墨分身解ける
カカシ『やるね サクラ…』


ホントやるねサクラ。この辺りのしたたかな部分というのは、やはり男には読めないものなのかしら、、、

ま~サイはともかくキバの痛い事…、ホント、ほっといたら一番に死ぬから、、、サクラはキバの命を救ったに等しいよ(汗


場面変わり、マダラ

マダラ、仮面の中にダンゾウを吸い込む
首がコキッと鳴る、まるで傀儡のようだ

マダラ『サスケ…』
サスケ『………』
マダラ『一つ忠告しておく』

カリン倒れてて、苦しそう

マダラ『あの女いらないなら ちゃんと止め刺しておけ 我らの事を知りすぎている』

サスケには命令口調は駄目だって...

サスケ『我らだと…オレがいつお前の仲間になった?』

ほら...ね?
マダラ、仮面事消えていく
『フッ…まあいい…また会おう』

予想どおり致命傷は与えて無かったみたいです。ふう~っ(((汗

ま、この場合のマダラのとどめをさしておけ...は
我らの事を知りすぎているという理由よりは

サスケェ~駄目じゃあないか!
俺の目はごまかせんよ~
とどめ!とどめだよ~
さ・せ・る・よ ね~?
ヤレんだろ!?
的な意地悪なニュアンスのほうが強いと思います。

実際に香燐が敵に回った所で、どうにかなるレベルでは無いし、
知りすぎてるって何を?

香燐なんて殺ろうと思えば、一瞬でしょう。マダラさん?
手間でもなんでも無いと思いますが、心配なら自分でヤレば良いのにね。
マダラも(香燐が何の障害にもなりえない)そんなのは分かっているはずで必要性も感じていないはずなのに、それをわざわざ「とどめさしとけよ」とは意地が悪いな~と、、、
あ、!あの人、小南さんはほっといて良いんですか?知る、という点において香燐の比ではないはずなのに!
おやおかしいですね

まあ、いいでしょう

要するにサスケが演技してるのをマダラは見抜いているわけだ


サスケ視線を上向きに
サスケ『…………』
香燐、頼む、、、このまま俺の前から去ってくれ(だといいなぁ)

サスケ、香燐の元へ

香燐、回想

草隠れの額当て、小さな女の子 因みに中忍試験本会場?の裏側通路で我愛羅に惨殺された二人組も草隠れ(NARUTO 十三巻 40頁)
熊に襲われている

小さく震える手で地の書を握りしめ、心細い様子 
香燐『ねえ!!皆どこ!?』

熊に追い詰められ逃げ場がなくなる。
熊が襲い掛かる『ガウっ!!』
香燐『キャー!』
香燐、驚き躓く 眼鏡がとぶ


獅子連弾!!! ドゴ!!!

熊、白目剥いて倒れる

香燐『!?』

サスケ、倒した熊の上から『オレ達と同じ地の書か…』

香燐「………」
ボンヤリとサスケの姿
香燐《!》
香燐(め…めがね!) カチャ


おい、しっかりしろよ!
大丈夫か?顔のサスケ「じゃあな…」

能面の様に無表情な顔つきで見下ろすサスケ「じゃあな…」

香燐の記憶、、、過去と今が交錯する

サスケの影が香燐の顔にかかり、血の跡に見えて痛々しい
香燐(…もう一度……あの時の顔が見たかったなあ…)

場面変わり、マダラ

マダラ『ダンゾウめ………死ぬ前に己でシスイの眼を…』
横たわってるダンゾウ

崇高な軍人ですから..ダンゾウは。
機密保全は当たり前なんでしょうね。
現代でも敵対国に墜落する戦闘機のパイロットはデーターや計器類、通信機器の破壊を行います。
機密の漏洩、再利用やデータ解析される事を嫌い再生不可能状態、目っ茶苦茶に破壊します。
裏四象封印はシスイの写輪眼を認識させ引きずり込んだのでしょう



マダラの背後には104の仕切られたケース。(とりあえず描写のみ)保存液?の入った仕切られたケースには一ケースに一つ写輪眼が保存されている。
うちはの家紋が入っている

でました。サイバーです。時代背景にそぐわない、この絵。
息を呑みます。
目玉を集めるのは頼むからや・め・て・く・れというか

どうやら、無造作に集めている訳ではないらしくイタチやサスケ、カカシの写輪眼をスルーしている。
何故、シスイの眼が最初なんだろう?
カカシとのファーストコンタクトでは《うちは一族以外》の《写輪眼》てゆうレアな設定をスーパースルーしている・・・
そういえば、大蛇丸もダンゾウもカカシからは写輪眼を奪おうとしなかった。
大蛇丸なんか、あれっだけ欲しがってたのにな、なんでだろう?

それにしても不気味だなーこの目玉コレクター。九十超えた爺さんとは思えないわ
しかもなぜ一ケース/一つの眼なのか。
現在のマダラの片眼の描写と何か関係あるのかな?

左一列は確認不可能ですがほぼ満室です。
後ろのケースだけでも両眼ならば72体分の写輪眼が収納されている事になります。

渦巻き仮面さん、シスイの眼を頂く、、、なんてスラッと宣いましたが
サスケが怒らず無反応だったのにも違和感を感じるな~
イタチの眼、というより遺体は!?復讐云々よりも大事な事でしょう。そこにサスケが何も疑問を持たない事が不自然で不自然で仕方ない。
もう、そこで私のNARUTO脳は止まりそうです、ハァハァ…
これはイタチ様の御遺体はサスケの手中にある←(既に埋葬した!とは書きたく無いので回りくどく)、という風に受け取って良いのかな?


場面変わり、宿八
ヤマト、眠そう(うたたね)

ヤマト『ナルト…そろそろ行くよ…まだか?』

ナルト『今は外に出る気にならねーんだ… もうちっと待ってよ…』
ナルト、布団の中でクナイ持ち床に穴を掘っている(よし…まだ気付かれてねーってばよ…!)

ポーチはおいたまま

宿の1階の天井に穴があいてる 
森の中、仙人モードで走るナルト→テンゾウ暗部隊長失格
ナルト(カカシ先生のチャクラ……こっちか……!)


サスケ左手に千鳥を発現

香燐、覚悟を決め眼を閉じる

間一髪、サクラ『サスケくん!!!』
香燐、片眼をあけ『!?』

振り返るサスケ『…サクラか』
サクラ(昔と…まるで感じが違う…これがサスケくん…?)

サスケ『何しにオレの前に来た?』
カリン(こ…こいつは…?)

サクラ『サスケくん…!私もサスケくんについていく!木の葉を抜ける!!』


決意のサクラが… 揺れる!!

サスケは、雷遁チャクラをうまく扱い工夫して、
香燐の身体を治癒するのではなく、弱った身体を活性化させ、死なない為の応急処置をしようとしていた(((((((滝汗・・・んです。


活性化するとは?

revitalize リバイタライズ
━【動】〈…に〉再び生気を与える,〈…を〉生き返らせる; 〈…に〉新生命を与える,〈…を〉復興させる.
re・vi・tal・i・za・tion /r v l z n|‐l z‐/ 【名】

(提供元:研究社)


さて、今のヨレヨレ状態でカカシと遭遇したら、いくらサスケでも簡単にはいかないね、どうするのかしら?
カカシはそんなにダサくないですよ~

サクラについては気が向いたら追記します。
とりあえずここまで!ペコリ!!











関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

ようこそ!!
★(。・_・。)ノ週間連載の感想記事は発売日以降にアップしています♪
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。